illustratorを使う仕事。Photoshopスキルも大切

illustratorとはなに?

illustratorを使う女性

illustratorとは

illustrator(イラストレーター)」とは、アドビ社から発売されているロゴやアイコンのデザイン、Webサイトなどで使用するパーツのレイアウト調整などで活用されているソフトウェアです。線や曲線の集まりである「ベクター画像」により、シンプルな図形などを描くときに適していることが特徴です。また拡大や縮小をしても画質が落ちないため、度重なる修正や調整にも適しています。

参考: Adobe Illustratorの購入 | ベクターグラフィックデザインソフトウェア

illustratorを使ってどんな仕事ができるの?

illustratorでできる仕事について知りたい女性
さて「上の説明が不要」と思うほど『illustratorを普段から使っています』という方もいるでしょう。または『どんな仕事につながるのか分かってから、スキルを身につけたい』と色々なスキルを調べながら慎重に考えている方もいるかもしれません。そこで今回は『illustratorを使う仕事』にはどのようなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

illustratorを使う仕事一覧

illustratorを使う仕事を検証する女性

イラストレーター

名前の通り、様々な媒体で使用するイラストを描くのが、イラストレーターです。最近ではデジタル技術を用いてイラストを描くことが主流になりつつあります。そのため、illustratorなどの描画作成ソフトを使用する機会が多くなっているのです。イラストレーターの仕事について詳しくはこちらの記事「イラストレーターとは。仕事の流れ、就職の為に必要なスキルを紹介」で詳しく紹介していますので、興味があればチェックしてみて下さいね。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの画面やシステムを制作する仕事です。Illustratorは主にサイト内で使われるアイコンやロゴなどのパーツを作る際に使用するケースが多いです。ただし今お伝えしたようにWebデザイナーは、画面だけでなくサイトの構築も行います。骨組みとなるコーディングを行うため、プログラミング言語も覚えておく必要が出てきます。詳しくはこちらの記事で様々な言語について解説していますのでチェックしてみましょう。

併せてこちらの記事「Webデザインとは。障害者も就労移行支援で仕事スキルを学べる!」も参考にしていただけますと幸いです。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、商品のパッケージや広告などのデザインを行う仕事です。このような広告媒体だけでなく、ゲームグラフィックデザイナーのようにゲーム内でのキャラクターや背景などを制作するデザイナーもいます。

参考:グラフィックデザイナーになるには | ゲーム情報局

DTPデザイナー・DTPオペレーター

「DTP」とは、印刷物をパソコンなどのデジタル技術でもって作成することをいいます。これの作業を行うのがDTPデザイナー・オペレーターです。DTPデザイナーはどんな印刷物を作成するのかデザイン・設計する作業まで含まれ、DTPオペレーターはそのデザイナーの指示に従って作業を行うこと専門と分かれているケースが多いです。

また業務ではIllustrator以外にも、同じアドビ社のソフトである画像の編集や加工を行うソフト「Photoshop(フォトショップ)」を使用します。

詳しくはこちらの記事「DTPオペレーター・デザイナーとは。仕事内容や必須スキルを紹介」をチェックしてみましょう。

参考:DTPって何?|仕事百科 | はたらくビビビット by Vivivit, Inc.

フォトグラファー

フォトグラファーは、写真を取り扱う専門家です。業務として写真撮影を行う以外に撮影した写真を加工したり、編集したりすることも求められるケースがあります。この際にillustratorを使う機会が出てきます。しかしここでもPhotoshopを使うことも多く、業務では両方を併せて使用するスキルが求められるでしょう。

フォトグラファーについて詳しくは「フォトグラファーとは。仕事の種類やカメラマンとの違いについて解説」の記事を参考にしてみてください。

レタッチャー

レタッチャーは、フォトグラファーやカメラマンが撮影した写真の加工を行うことが仕事です。被写体の質感や風景内で不要に映っているものの除去など、写真のクオリティを高める作業を行っていきます。レタッチャーもIllustratorとPhotoshopを連携させて使用することが求められるでしょう。

参考:【レタッチャーの仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も徹底解説!

illustratorに加えて、Photoshopのスキルが求められるケースが多い

Photoshopのファイルイメージ
仕事の説明の中で「Photoshop」がたびたび出てきました。そうなのです。これらの仕事では、illustratorに加えてPhotoshopも併せて使用できることが求められることが多いでしょう。

こちらの記事でPhotoshopを使う仕事について紹介しています。内容は今回お伝えした仕事とほぼ同様なことからも、それがよくわかるかもしれません。したがって両方の用途を理解し使い分けることで、より仕事をスムーズに行えることに繋がるのではないでしょうか。

今のうちにIllustratorとPhotoshopの使い分けについてこちらの記事を参考にして、覚えておきましょう。

参考:Photoshop CCとは? | Adobe Creative Cloud

障害を持つ方へ。『得意』を活かした就職をSaladがサポートします

Salad
今回は、illustratorという「得意」を活かせるヒントとして、様々な仕事を一緒に見ていきました。障害を持つ方の中にも、illustratorを使っている方や使ってみたい方は多くいることでしょう。しかし、それを働くイメージにできなくて困っていることはありませんか?そのようなときは、いちどこのサイト『Salad(サラダ)』にご相談ください。

Saladは、障害を持つ方の強みを活かして働くカスタマイズ就業をもとに、下記のサービスを行っております。

就労移行支援事業所に関する情報提供
→事業所により支援スタイルはさまざまですが、illustratorやPhotoshopなどの描画ツールやプログラミング言語のスキルを磨ける事業所もあります。こちらのページが Saladが取材した『IT・クリエイティブのスキルに強い』事業所の紹介ページです。ぜひ参考としてみてください。

○カスタマイズ就業に基づいた、強みを活かす就職に関するサポート
こちらのページで、随時非公開求人を更新中です。

これらのサービスを行い、障害を持つ方の強みを『伸ばす・活かす』サポートをさせていただきます。

Saladのサービスについての詳細など、お問い合わせやご相談はこちらのメッセージフォームからメッセージを送ることで行えます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

まとめ

将来をイメージする女性
いかがでしたでしょうか。

今回はillustratorを使う仕事について見てきました。実際に使っている方はもちろん、「就職に使えるスキルにはどんなものがあるのかな…」という目的で様々なスキルを調べているという方もいるでしょう。そのように

・今あるスキルをどう使うか → スキルをもとに仕事を探す
・やりたい仕事に必要なスキルは何か → 仕事をもとにスキルを探す

この両面から仕事を探していくことで、より強みを活かせる働き方に進むことにもつながります。少しずつイメージを明確にしていって、自分の夢をつかんでいきましょう。

この記事をシェアしましょう!