ゲームグラフィックデザイナーとは。仕事内容、就職に必要なスキルは

ゲームグラフィックデザイナーとはどんな仕事?

パソコンでゲームグラフィックを作る、障害者の男性

ゲームグラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは、雑誌や広告、ポスターや商品のパッケージなどの紙媒体をデザインすることがメインの仕事です。

ゲームグラフィックデザイナーはゲームにおいてのキャラクター、背景、アイテムなどのCG(コンピューターグラフィックス)を作成するのが仕事になります。

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容

ゲームのキャラクターデザイン
ゲームグラフィックデザイナーの仕事は、大きく分けて3種類あります。

キャラクターデザイン

現在、グラフィックデザインのほとんどが紙を使わず、パソコンやタブレットなどの電子機器で絵を描いています。したがってキャラクターデザイナーも、電子機器を用いてゲーム内のキャラクターを作り上げるのがメインです。また、描くのみでなく、自らキャラクターを考える仕事も含まれることがあります。

【キャラクターデザインの仕事、もう少し詳しく】
①ゲーム内容の企画
ゲームの概要やストーリーに合わせたキャラクターを考える仕事です。ゲームの内容はもちろん、ストーリーやゲームのコンセプト、今後の方向性などを理解して考える必要が出てきます。この際に、キャラクターデザインの観点から企画に参加する可能性があります。
②実際のキャラクターデザイン
ゲームのコンセプトや世界観に沿ってキャラクターに沿って、実際にキャラクターを生み出していく工程を行います。

参考:表現したい世界を描こう!Mika Pikazoさんがコンセプト&ラフ工程を解説! | イラスト・マンガ描き方ナビ

フリッカー

フリッカーは画面構成やデザイナーの指示に従ってテクスチャ(質感・風合い)を描くことに専念する仕事です。場合によっては、この分野において専属のスタッフを置かない制作会社も増えてきています。

【フリッカーの仕事、もう少し詳しく】
①ブリーフィング
ブリーフィングは、業務に関する簡易な状況報告や説明などを指すビジネス用語です。フリッカーは他の方のアイディアをもとに作画していきます。そのため、キャラクターデザインの担当者とコミュニケーションをとり、よりイメージに合ったものを作り上げていくことが必要です。
②制作実務
全体のコンセプトや仕事内容を理解したのち、実際にプレイ画面に表示されるグラフィックやキャラクターをCGで作成していきます。

参考:テクスチャとは – IT用語辞典 e-Words
参考:「ブリーフィング」ビジネスでの意味と使い方、類語、英語「briefing」 | 英語部

アートディレクター

アートディレクターはゲームグラフィックの現場において監督を行う、チームのリーダー的ポジションを担う仕事です。したがって初めからアートディレクターになるのは難しいかもしれません。他のポジションで実績を上げ、認められたのちになれるポジションでしょう。

参考:「ディレクション」の意味とは?英語との違いや仕事内容も解説 | TRANS.Biz
参考:ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容6個の業務。経験者が教えます!【ジョブール】

使用ツールにより、作業内容や使用ツールが大きく異なる

ゲーム画面
また、グラフィックデザインは「2D」「3D」の2種類があります。この取り扱うグラフィックにより大きく作業内容が異なることがあるのです。

2D

2Dは、平面画像を取り扱います。これを作成するソフトに、Adobeの『Photoshop』や『Illustrator』などのデザインソフトがあるのです。また、作成で便利なツールとして他に「CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)」などを使用しているケースもあります。これらのツールを理解しておくと、就職やその後の業務にもつながって来るでしょう。

参考:Photoshop CCとは? | Adobe Creative Cloud
参考:Illustratorとは? | Adobe Creative Cloud
参考:イラスト マンガ制作ソフト・アプリ CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)

3D

3Dは、立体画面で高度なグラフィックを制作します。主に『Maya』『3ds max』などのハイエンド3DCG制作ソフトを用いて仕事を行います。

参考:Maya | アニメ制作ソフト、モデリング ソフト | オートデスク
参考:3ds Max | 3D モデリング、アニメーション、レンダリング ソフトウェア | オートデスク

ゲームグラフィックデザインの就職に必要なスキルは?

ゲーム内のイラストを描く女性

デッサンの能力

2D・3Dを問わず、グラフィックデザイナーにはデッサン(絵を描く)能力が必要になります。基本的な美術スキルはもちろん、観察力表現力なども求められるからです。キャラクターにしても、人体の動きなどを理解し自然なスタイルを描く必要があります。アイテムにしても、光沢や影の向きなどを忠実に書く必要が出てきます。

そのため、就職の際に提出するポートフォリオでは、これらのスキルを織り交ぜて作成してみるのも良いかもしれません。

参考:【イラストレーター必見!】仕事に使えるポートフォリオの作り方 | イラスト・マンガ描き方ナビ

コミュニケーション能力

チームで作成していく仕事ですから、ただ『絵が上手い』それだけでは不足しているケースもあります。チーム内でコミュニケーションをとりながら、よりユーザーが良いと思えるものを作成していくことが大切です。

要望をクリアしながら、自分の個性も出していくスキル

グラフィックデザインは企画やユーザーの要望に沿った作品を作っていくことが大切です。しかし、その中にどれだけ自分の個性を織り交ぜられるかも大切になってきます。個性が入ることにより、よりキャラクターやグラフィックに効果をもたらすことがあるからです。

参考:グラフィックデザイナーになるには | ゲーム情報局
参考:【ゲームのお仕事!】コロプラ『黒猫のウィズ』キャラクターデザイナーインタビュー | イラスト・マンガ描き方ナビ

障害者は、就労移行支援でスキルを学ぶチャンスがある

就労移行支援事業所で快適に過ごす様子
Photoshopやillustratorを学びたい。でも、どうやって学んだらよいか一人では分からない。この様に困っていたら、就労移行支援事業所の利用も検討してみましょう。就労移行支援は、障害や難病を持つ方の働くニーズに合わせた訓練やアドバイスを受けることができる施設です。

事業所のスタイルにより様々ですが、Photoshopやillustratorなど、グラフィックデザインでも使われる描画ツールを学ぶことができます。『トライしてみようかな…』と思ったら、こちらのページなども参考にして、利用したい事業所を探してみましょう。

まとめ

Salad
【事業所探し、就職に悩んでいたらSaladにご相談ください】

いかがでしたでしょうか。

ゲームグラフィックはゲームの世界に夢中になるうえで大切な要素です。その仕事を行う上で、さまざまなやりがいもあるでしょう。

障害を持ちながらも『好き』を活かして仕事をしたいものの、『行きたい就労移行支援事業所が見つからない…』『どうやって仕事を探したらよいかわからない…』このように迷っていたら、こちらのサイト『Salad』にご相談ください。

Saladでは

○就労移行支援事業所に関する情報提供(Saladが取材した事業所情報はこちら。随時更新中です)

○ゲーム関連の仕事を探してみたい→カスタマイズ就業に基づいた、強みを活かして働く就職に関するサポート(非公開求人はこちら。随時更新中です)

こちらについてサポートを行っております。上記についてやその他就職に関するお問い合わせ・ご相談などありましたらお気軽にこちらのフォームからメッセージを送信してください。お待ちしております!

この記事をシェアしましょう!