DTPオペレーター・デザイナーとは。仕事内容や必須スキルを紹介

DTPオペレーター、DTPデザイナーとは?

印刷物のイメージ

そもそも、『DTP』とは?

DTP」とは、デスクトップ・パブリッシング(DeskTop Publishing)の略称です。日本語では「机上出版」「卓上出版」といいます。パソコンでデータを作成し、印刷物を作成するのが目的です。

このDTPを仕事としているのが、DTPオペレーターやDTPデザイナーとなります。今回は、この2つの仕事について仕事内容を一緒に見ていきましょう。

参考:DTPって何?|仕事百科 | はたらくビビビット by Vivivit, Inc.

DTPオペレーターの仕事内容

イラストを描く、DTPオペレーターの女性

DTPオペレーターとは

DTPオペレーターとは、DTPデザイナーが作成したレイアウトをもとに印刷用のデータを作成する仕事です。主な職場は印刷会社、広告代理店、デザイン事務所、編集プロダクションなどで仕事をします。

会社規模によっても異なりますが、基本的にはDTPデザイナーが作品の案を考える為、DTPオペレーターにクリエイティブ(創作的な)な要素は少ないでしょう。比較的DTPソフトの作業を行う作業員的ポジションになるケースが多いです。

DTPオペレーターの仕事内容

DTPオペレーターの仕事内容は、DTPデザイナーやグラフィックデザイナーの指示に従って、印刷データを制作することになります。具体的な作業内容は以下の通りです。

・デザインのフォーマットに文字を流し込む
・画像の貼り込み
・行間・文字間の調整
・写真の切り抜き(トリミング)

Photoshopなどの画像加工ツールを使用して、これらの作業を進めていくのがDTPオペレーターの仕事になります。

参考:DTPオペレーターとは?仕事内容・資格・年収・必要なスキルについて|クリエイティブの職種図鑑|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

DTPデザイナーの仕事内容

DTPデザイナーのイメージ

DTPデザイナーとは

DTPデザイナーは、DTPのデザインを中心に、印刷用の入稿データの制作に携わります。DTPオペレーターと同様、専用のソフトを使い雑誌や書籍、ポスターなどの印刷物のレイアウトを行うのが仕事です。主な職場はDTPオペレーターと同様でになります。また、パソコンや画像加工ツールを使用するという共通点から、Webデザイナーの仕事に転向するケースもあります。

DTPデザイナーの仕事内容

DTPデザイナーの仕事内容は、このDTPのデザインから印刷用の入稿データの制作までの全ての作業に携わります。グラフィックソフトの「Illustrator」や「Photoshop」、編集ソフトの「InDesign」などを用いて、クライアント(依頼主や企業)の要望や媒体のコンセプト・テーマに合う紙面をデザインしていくのが仕事です。

印刷する媒体は主に下記の通りです。

・雑誌
・書籍
・広告
・ポスター
・ダイレクトメール

これらの印刷物をデザインしていきます。

参考:DTPデザイナーの仕事内容・なり方・給料・資格など | 職業情報サイト キャリアガーデン(Career Garden)

DTPデザイナーとDTPオペレーターとの違いは?

DTPオペレーター・デザイナーの違いについて検証する女性
かつてパソコンを使用していなかったときは、『デザイナーが考案し、オペレーターが作業をする』と役割の違いが明確になっていました。しかし、現在はパソコンや画像加工ツールのデジタル技術により、一人で作業できるようになりました。そのため現在はかつてと比較して、DTPデザイナーとDTPオペレーターとの線引きは曖昧になっています。したがって両者の仕事内容が重なる部分も増えているかもしれません。

DTPオペレーター、DTPデザイナーの就職に必要なスキルは?

DTPデザイナーの男性

illustrator(イラストレーター)、InDesign(インデザイン)

IllustratorInDesignは、ともに印刷物の「組版」となる文字や図版などの要素を配置して紙面を構成するソフトを使うスキルが必要です。Illustratorはロゴやマークの作成など、InDesignはさらにページレイアウトの設定を行えることが特徴です。そのため雑誌や書籍のデザインの場合は、illustratorに加えてInDesignのスキルも習得しておくと良いでしょう。

参考:Illustratorとは? | Adobe Creative Cloud
参考:Adobe InDesign入門ガイド:基本的な考え方 | Adobe InDesign tutorials | Adobe InDesign チュートリアル

Photoshop(フォトショップ)

Photoshopは、画像や写真の加工を行うツールです。画像の切り抜きや色調の調整などを行うことができます。

参考:Adobe Photoshopの購入 | 最高の写真、画像、デザイン編集ソフト

その他DTPオペレーターの必須スキル

DTPオペレーターに必要なスキルは、作業を適切に行うスキルが必要になります。具体的にはデザイン通りに作業を行う『正確さ』、間違いなど修正箇所を見つける『集中力』が必要になってくるでしょう。さらにDTPデザイナーと分業している場合は、デザイナーの意図をくみ取るコミュニケーション能力や納期を守るスケジュール管理能力も必須です。

その他DTPデザイナーの必須スキル

DTPデザイナーにはDTPオペレーターの必須スキルに加えて、クライアントや企業の要望をくみ取る力も大切になってきます。

参考:DTPオペレーターの適性やスキルとは| 転職サイト[PROSEEK]

障害者は、就労移行支援でDTPのスキルを学ぶチャンスがある

就労移行支援事業所で快適に過ごす様子
Photoshopを使ってみたいけれど、使い方が良く分からない…』『DTPのスキルをどこで学べばよいか分からない…』など、就職したくてもスキルを身につける手段が分からず、困っていませんか。専門の学校や講座を受ける方法もありますが、不安も大きいかもしれません。

障害を持つ方には、このような学校や講座のほかに『就労移行支援事業所』で学ぶという方法があります。全国各地にさまざまな事業所があるなか、Photoshopやillustratorなどを学べるところもあるのです。

こちらのページは、このサイト『Salad』が取材した就労移行支援事業所の『IT・クリエイティブ系に強い』特徴を持つ事業所の一覧です。ぜひチェックしてみてくださいね。

就労移行支援事業所の検索について、Saladがサポートします

Salad
Saladでは、就労移行支援事業所に関する情報提供を行っています。障害を持つ方の強みを活かす『カスタマイズ就業』をもとに、あなたの働くニーズにマッチした事業所探しのお手伝いをさせていただきます。

Saladのサービスについての詳細など、お問い合わせやご相談はこちらのお問い合わせフォームからメッセージを送ることで行えます。ご連絡、お待ちしております。

まとめ

DTPオペレーターが作成した年賀状のデザイン
いかがでしたでしょうか。

紙媒体の利用が少なくなってきているものの、DTPは現在もあらゆる分野で広く活用されています。また、インターネット広告など、データでも活用される機会が増えてきています。自分の得意を活かしたい。そのチャンスがDTPにあるかもしれません。

自分の適職を見つけるために、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしましょう!