うつ病や双極性障害を持つ方の就職には「就労移行支援」がおすすめ!

うつ病や双極性障害を持ちながら就職できるの?

うつ病と双極性障害

うつ病と双極性障害は、どちらも気分障害に該当する精神疾患です。

うつ病は意欲が低下する、食欲がなくなるなどの症状があります。双極性障害はこのうつ症状に加えて、反対に気分が高揚する躁(そう)状態と交互に現れる精神障害です。

参照:うつ病|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
参照:双極性障害(躁うつ病)|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
関連記事:双極性障害の診断基準~うつ病との違いを見分けるポイントは?

症状と向き合いながら就職できるかどうか不安…

これらの症状と向き合いながらも、就職を目指している方もいるのではないでしょうか。しかしながら、辛い症状と向き合うことはもちろん再発に関しての心配もつきものです。精神障害を持つ方にとって、健康管理は大きな課題の一つです。

このような課題をクリアし、働くことができる手段はあるのでしょうか。

就労移行支援事業所で、就職するためのスキルを学べる!

就労移行支援事業所では、仕事を続けるために必要な健康管理のスキルを学ぶことができます。うつ病や双極性障害の方でも、もちろん学ぶことができます。

さて、うつ病や双極性障害を持つ方にとって具体的なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

【就労移行支援】うつ病・双極性障害を持つ方にとってのメリットは?

生活リズムを整えられる

就労移行支援事業所の通所が始まると、契約した訓練計画に沿って通うことになります。したがって規則正しい生活リズムを保ちやすくなります。また、それぞれの障害特性に応じた配慮をしてもらうことができますので、訓練中のストレも少ないです。

精神障害に対応した就職の情報を得られる

就労移行支援では、企業や求人の情報を得ることができます。さらには履歴書などの応募書類や面接での答え方などを学ぶことができます。

自分の障害や、企業への配慮事項をどう伝えるかなどをスタッフと相談しながら考えていきます。

関連記事:精神障害者雇用の採用面接での質問事項と準備すること【自己管理編】
関連記事:精神障害は就職に不利って本当?就職するにはどんな対策が必要なの?

症状を抱えながらの働き方について相談できる

症状を抱えながらどう働いていくか、今度の仕事は続くかな…と不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

就労移行支援では、自分の体調を抱えながらどう働いていくかのアドバイスを受けられます。事業所によっては専門機関が対処することもあり、相談することができます。

関連記事:精神障害を持つ方の、仕事が続かない辛い悩みとその解消法とは?

就職後も定着支援を受けられる

就職後ひとりで仕事に立ち向かわないといけないのは辛いことです。就労移行支援を利用して就職した場合、就職後もスタッフが相談に応じてくれます。さらに問題があるときは企業にも助言してくれるケースもあります。

関連記事:【就労移行支援】就労定着支援とはどんなサービスなの?受けるには?

精神科デイケアとの併用も可能

リハビリのために、精神科デイケアを利用しながら通うことも可能です。

健康状態を見ながら、無理せず利用する工夫ができます。

関連記事:【就労移行支援】デイケアとの併用は可能?メリットやデメリットは?

自分に合った事業所選びが大切

就労移行支援事業所はこのような様々なメリットがあります。全国各地にさまざまなスタイルの事業所があります。

事業所によって「この職種に強い」「この障害に詳しく対応できる」などの特徴があります。よって自分に合った「事業所選び」が大切になってきます。

Saladでは、就労移行支援事業所の紹介をしております。実際に取材に伺って、事業所の雰囲気などをこちらで紹介しています。

「事業所に通いたい!」など興味のある方はSalad編集部までご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うつ病や双極性障害を抱えながら就職するのに不安を感じている方もいるのではないでしょうか。「就職できたとしても長続きするのかな…」など、不安要素は多いものです。

就労移行支援事業所は、働くためのスキルや情報を得るチャンスがあります。自律に向けてぜひトライしてみましょう。