失敗しない就労移行支援事業所の選び方!こんな事業所には注意!

就労移行支援事業所のスタイルは様々。選び方に注意しよう。

就労移行支援事業所が増えている

「就労移行支援」とは、障害者総合支援法に基づいて運営されている福祉サービスです。就労したい障害を持つ方の課題にあわせて、スキルアップと就職のサポートをします。年々、事業所の数は増え、平成29年度には全国でおよそ3千を超える事業所があります。

→参照:厚生労働省 平成 29 年 社会福祉施設等調査の概況

これだけ増えますと、「たくさん事業所がありすぎて、選び方が分からない…」「ネットで調べてみたら、『悪質な事業所もある』と書いてあった。すごく不安…」とお悩みの方も多いのではないのでしょうか?

この記事では、そんなあなたに知ってほしい「失敗しないための事業所の選び方」をご紹介します。

失敗しないための就労移行支援事業所の選び方!こんな事業所には注意!

1)情報不足。あなたが望む職種や働き方を知らない。

就労移行支援は、障害を持つ方の特性を理解して、様々な働き方を学べる場所です。

例えばあなたが、事業所のスタッフの方に
「サテライトオフィスとは、どんなところですか?」
「テレワークには、どんな仕事がありますか?」などの質問をしても、
「うちのサービスにはない職種なので・・知りません」
言われたことはありませんか?

このようにあなたが求める様々な職種や働き方など、社会の情報を知らない事業所は要注意です。

就労移行支援は、事業所によって強い職種、サービス内容も様々です。良い事業所のサービス内容はビジネスマナーや履歴書の書き方だけではありません。

あなたの希望を受けて、様々な職種に応じたトレーニングができます。迷うことがあれば、事前に見学や体験などで確認してみましょう。ちなみに、サテライトオフィスとテレワークについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参照してください。

関連記事
サテライトオフィスはテレワーク?障害者雇用でのメリットを解説
テレワークは不公平?同僚にずるいと思われないためにできること4つ

2)スタッフとの相性が悪い。障害や人格を否定する。

事業所のスタッフや、他の利用者の雰囲気の相性は、とても大切です。特にスタッフの方との相性は重要なポイントです。あなたが自分の障害について相談をしても、

○「それはあなたの努力が足りない」
○「事業所で学んで、あなたの弱点を克服しましょう。」
このように、障害特性を理解できておらず、否定してくる事業所は要注意です。
※あなたが目指す未来に対し、本当にあなたの努力が足りない場合は、あなたに原因があります。障害と関係ない要素(人間性の成長など)を、障害のせいにしないように注意しましょう。

あなたにとって良い事業所とは、「弱点を克服する」ことよりも「今のあなたを活かす」ことを優先する事業所です。

スタッフの相性や雰囲気は調べただけでは不安・・と感じている方は、利用前に見学や体験の制度を活用しましょう。実際に事業所の雰囲気を体感していき、あなたの障害を受け入れてくれるスタッフがいる事業所を選びましょう。

3)あなたの希望を無視して、可能性を限定してくる。

就労移行支援事業所の目的は、就労のためにスキルを学び、自分の特徴を活かせる可能性を見つけることです。

あなたが希望の仕事を伝えても、
○「今公開されている求人は事務や清掃のみ。希望の職種の求人はありません。」
〇「希望の職種に見合う能力はないから、あきらめて今就職できる仕事の訓練をしましょう。」
などと答える事業所は要注意です。

就労移行支援は、ただ「就職すること」が目的ではありません。「障害を持つ方がそれぞれの特性に合った働き方や生き方を見つけ、実現すること」が目的です。 そのため、あなたが望まない就職の仕方を勧めてくる事業所は、あまり良くありません。

事業所の良い面だけでなく、「この職種には向いていない」「こういったトレーニングには向いていない」など、事業所が苦手としている課題なども確認していきましょう。一か所だけ調べても事業所の特徴は分かりにくいです。できる限り複数の事業所を調べて、サービスや特徴の違いを確認していきましょう。

事業所のサイトなどに、過去の実績や成果が紹介されている場合はチェックをお勧めします。あらゆる角度から慎重に考えて、あなたのニーズに合う事業所を見つけましょう。

4)通いにくい

就労移行支援は、「サービス内容も良く、事業所の雰囲気も良い。」という事業所を選ぶのがベストです。しかしながら、就労移行支援は最長2年通い続けます。長くトレーニングができる生活リズムを保ち、体調を管理しなければなりません。

ですから「交通手段が分かりにくい」「通勤に時間がかかる」など、あなたの負担になる場合は注意してください。

このような不安がある場合、体調を崩さずに通所を続けることや、通う意欲を持ち続けることが難しくなります。通い方に不安を感じたら、事前にあなたの体調について、医療機関などに相談してみましょう。そのうえで、事業所の支援員の方と通い続けられる方法を相談してみてください。あなたが長期でも通所できる通いやすさも、事業所選びの大切なポイントです。

関連記事:「計画相談支援」とは?支援のメリットや利用の流れを解説

まとめ

就労移行支援事業所は年々増加し、今後もさらに様々な事業所が生まれてきます。今後はさらに、あなたの事業所の選び方が大切になります。

1)情報不足。社会や企業をよく知らない。
2)スタッフとの相性が悪い。あなたが持つ障害や人格を否定する。
3)あなたの希望を無視して、可能性を限定してくる。
4)通いにくい

この4点に注意してください。
どんな仕事をしたいか。どんな特性を活かしたいか。そのサポートをしてくれる事業所を探していきましょう。

【自分ひとりで探すのは不安…】Saladがサポートします!

Saladでは様々な就労移行支援事業所の情報を紹介しています。下記のリンクの事業所は実際に取材にお伺いして、サービス内容や所内の雰囲気などを教えていただきました。見学や体験したいけど、どこがいいかな・・?と迷っている方の参考になりましたら幸いです。

取材済の就労移行支援事業所一覧

「どんな事業所がいいのかな・・?」と迷うことがあれば、ぜひSalad編集部にご相談ください。