在宅就業の実現に向けたリワーク(就労移行支援)選びを解説!

障害をお持ちの方の中には、「朝早く起きなくてもよく、自分の裁量で働く時間が決められる」「移動しなくてもよい、家の中であれば働ける」などの理由から、在宅就業を望む方も増えています。在宅就業をはじめとするテレワークも少しずつ広がっており、そのような方には追い風となっています。

しかし、自分一人で在宅就業OKの求人を見つけて応募し、実際に働き始めるまでにはかなり高いハードルがあります。どのような仕事が在宅就業に向いているのか、どのようなスキルを身につけておけばよいのか、分からないことも多くあると思います。

この記事では、在宅就業に向いている仕事や向いていない仕事、そして在宅就業を実現するために活用できる「リワーク」(就労移行支援事業所)の選び方についてご紹介します。

もくじ

広がってきた?在宅就業の現状
在宅就業に向いている仕事と向いていない仕事を知ろう!
在宅就業に向いている仕事
在宅就業に向いていない仕事
在宅就業の実現に向けたリワーク(就労移行支援)の選び方
選び方①:ITスキルが学べる事業所を探す
選び方②:社会の変化に対応している事業所を探す
Saladで在宅就業を実現できる就労移行支援事業所を探そう!

広がってきた?在宅就業の現状

在宅就業はテレワーク(オフィスに通勤せず自分の選んだ場所で業務をおこなう勤務方法)のひとつで、自宅から主にパソコンを用いて仕事をおこなうワークスタイルです。

在宅就業を導入している企業の割合は、2017年度には全体の13.9%(※)でした。2013年度には約9.3%であったため徐々に増えてきていると捉えることもできますが、普及はまだまだこれから、という状況といえます。

(※)参考:総務省「通信利用動向調査」

在宅就業の普及にあたって課題となっているのは、仕事内容によって在宅就業に合う業務と合わない業務があると考えられていることにより、業界や職種で普及度合いに偏りがあることです。
そのため現状では、在宅就業に向いている仕事と向いていない仕事が明確に分かれており、求職者はそれを事前に理解している必要があります。

在宅就業に向いている仕事と向いていない仕事を知ろう!

 

オフィスに通勤しない分、在宅就業には制限があるため先に述べたような「向いている仕事」と「向いていない仕事」があります。在宅就業を現実的に考えていくためには、向いている仕事/向いていない仕事のどちらも認識しておく必要があります。

在宅就業に向いている仕事

在宅就業はパソコン1台で完結する仕事と相性がよいため、IT系の職種で働きたい方にとって在宅就業は向いているといえます。非IT企業では、他の職種では認められていなくとも、WebデザイナーやWebライター、プログラマーなどIT系職種では在宅就業が認められている企業も存在します。

<関連記事>障害者雇用でデザインの仕事はある?Webデザイナーになる秘訣3選
<関連記事>うつ病になってしまったら、通勤をやめて在宅勤務を試してみよう。

業務単位でいえば、社内文書を作成する業務や調査・分析などをおこなう業務などもテレワークと親和性が高く、在宅就業として切り出すことができる余地があります。

在宅就業に向いていない仕事

一方、オフィスに通わないと業務が成り立たない仕事では、残念ながら在宅就業の実現は難しいかもしれません。接客をおこなう必要のあるサービス業では、オフィスへの勤務が必須となり在宅就業は難しいでしょう。また医療分野や介護、保育なども同様に、現時点では在宅就業の求人が溢れているという状況ではありません。

また、仕事そのものは在宅就業に向いていても、ワークスタイルとして在宅就業が向いていない方もいらっしゃいます。家庭が仕事場となるため、家事など雑務も発生して仕事が滞ってしまうことや、在宅就業用のスペースを確保できず作業が困難となってしまうなどのリスクもあるでしょう。

在宅就業の実現に向けたリワーク(就労移行支援)の選び方

障害をお持ちの方の中には、在宅就業に向いている仕事/向いていない仕事を理解したうえで、「在宅就業に向いていると言われる仕事に興味があるけど、スキルも足りないし仕事の見つけ方もよく分からない…」という悩みに直面している方もいらっしゃるかと思います。

そのような方におすすめなのが、「リワーク(就労移行支援)」の活用です。身体・知的・精神(発達)障害があり仕事を離れている方が、社会復帰の準備のために利用できる福祉サービスです。

<関連記事>リワークとは?職場復帰に有効な理由は、再発の抑制効果にあり!

リワーク(就労移行支援)でおこなわれるプログラム内容は事業所によってさまざまです。ここからは、在宅就業を念頭において就労移行支援事業所を探すとき、その選び方のポイントを2つお伝えします。

選び方①:ITスキルが学べる事業所を探す

在宅就業に向いている仕事の代表格がIT系の業務、職種です。最近はWordやExcelなどの事務スキルのみならず、WebデザインやプログラミングなどのITスキルを学べる事業所も増えており、ITスキルの習得に特化した事業所も生まれています。

また、在宅就業の普及を見据え、在宅で就労支援を活用できる制度が整っている事業所もあります。在宅就業は目的ではなくあくまでも自分らしく働くための手段ですが、その手段のひとつとしてITスキルの習得や在宅支援でサポートしてもらえる就労移行支援を活用できることは、大きなメリットです。

選び方②:社会の変化に対応している事業所を探す

在宅就業の普及など、これからの社会はますます速いスピードで変化していくことが予想されます。そのような変化に対応し、新しい職種やワークスタイルを支援に取り入れている事業所を選ぶことが、利用者の側にも求められます。

就労移行支援を利用するにあたっては、実際に事業所の見学やプログラムの体験をおこなうことが多いため、その機会を利用して在宅就業に対する考え方や、在宅就業を実現するための支援が提供されているかどうか聞いてみることをおすすめします。

Saladで在宅就業を実現できる就労移行支援事業所を探そう!

この記事では、在宅就業に向いている仕事とそうでない仕事、そして在宅就業を実現させるために利用する就労移行支援事業所の選び方について解説しました。

Saladでは、就労移行支援事業所の検索をすることができます。エリアや(障害の)分野別の検索はもちろん、関心のある職種や業界、資格を選んで事業所を探すこともできるため、在宅就業を実現できる就労移行支援事業所に出会える可能性が高いです。

また、中にはインタビューを実施し、在宅就業に対する考え方や支援プログラムの内容を具体的に知ることのできる事業所もあるため、参考にしていただけると嬉しいです。

(参考)インタビュー実施済みの就労移行支援事業所

多様な働き方が広がりつつある現代、在宅就業はあくまでも働く手段のひとつです。幅広い手段を検討して、一人ひとりに最適な働き方が実現できるよう、Saladでも情報発信を続けていきます。