テレワークで使用する情報通信ツールは?チャットワークなど紹介!

テレワークの業務管理に情報通信ツールが普及

時間や場所にとらわれない柔軟な働き方には、情報通信ツールが不可欠

テレワークは、時間や場所にとらわれないことで、柔軟な働き方ができるようになりました。これにより、通勤などの負担をなくし、効率よく業務を行うことが主な目的です。

テレワークの業務管理など、主に情報通信を利用して業務を進めていきます。そのためテレワークを進めるうえで、情報通信のツールを知ることはとても大切です。

今回は、厚生労働省が紹介している労務管理ツールをもとに、テレワークで使用している主な情報通信ツールを紹介していきます。

ツールごとに、メリット・デメリットも併せてご紹介します。あなたの特性や生活環境と照らし合わせて、企業に提案する参考となりましたら幸いです。

テレワークの報告や業務管理で使用する、情報通信ツール

Eメール

テレワークの導入企業で最も多く使われているツールです。

【メリット】
◎記録として残るので、何度も読み返せる。
◎複数の物事をまとめて報告できる。
◎メールを閲覧、送信するタイミングが自由。
◎会話が苦手な方でも落ち着いてやり取りできる。
◎企業内で共有しやすい。

【デメリット】
◎利用者数が多いため、フィッシング詐欺や情報漏えいなどのリスクが高い。
◎業務用にアカウントを新規に追加するなど、公私混同を防ぐ必要がある。
◎緊急時など、即時に相手の返答を求める際には向いていない。

電話

メールに次いで、多く使われているツールです。

【メリット】
◎時間をかけず、すぐに行うことができる。
◎緊急時にも対応しやすい。
◎対話の中で報連相を行いやすい。
◎特別なスキル習得、アカウントの取得が不要

【デメリット】
◎相手の時間や状況の把握が必要。
◎電話が苦手な方の場合、うまく意思を伝えられない場合がある。
◎対話の内容など、詳細の記録が残りにくい。

勤怠管理システム

企業の中にはテレワークの業務管理をスムーズに行えるよう、勤怠管理ツールを導入している場合があります。始業・終業時間などを入力することで、あなたの勤務状況が記録されます。

【メリット】
◎始業・終業の入力を行うだけで報告が完了する。
◎入力漏れがあった場合、企業で把握しやすいため安心できる。

【デメリット】
◎導入している企業が少ない。
◎入力方法など、作業内容を習得する必要がある。

遠隔通信などで、業務中常時在席を確認する

遠隔通信(Skypeなどのビデオ会議システム)を用いて、出勤や在籍状況を把握するツールを使用している企業もあります。

【メリット】
◎報告の手間がかからない。
◎リアルタイムで管理しているので、緊急時に対応しやすい。
◎管理しやすいので、企業も安心しやすい。
◎オンオフのタイミングをはかりやすい。

【デメリット】
◎常に見られているという精神的負担を感じやすい。
◎緊張してしまい、集中できないケースがある。

参照:厚生労働省 テレワークではじめる働き方改革 第4章 テレワークのためのルールづくり

チャットなどを利用するケースもある。

他にもチャットツールや、テレビ通話などもできるzoom、Skypeなどを使用するケースもあります。

チャットワーク

テレワークの導入企業で、近年普及しています。

【メリット】
◎メールよりも手軽、LINEのような相互コミュニケーションが可能
◎記録として残るので、何度も読み返せる。
◎複数の物事をまとめて報告できる。
◎閲覧、送信するタイミングが自由。
◎会話が苦手な方でも落ち着いてやり取りできる。
◎企業内で共有しやすい。
◎セキュリテイもしっかりしている。

【デメリット】
◎ログインが必要。メッセージをログアウトしている状態だと確認できない。
◎緊急時など、即時に相手の返答を求める際には向いていない。

このような情報通信ツールが主にテレワークで使用されています。テレワークにとって、情報通信は「命」です。報連相、成果物の報告など、ほとんどの業務を情報通信で行います。

今後テレワークの導入が進むことで、新たなツールも出てくるかも?

今後テレワークは各地方にも進出しており、その取り組みも進められています。導入する企業も緩やかながら増加傾向にあります。

関連記事:地方に住みつつ都市部の給料で働ける!「ふるさとテレワーク」を紹介

そのため、今後は今回ご紹介したツールの他にも使用されるツールが出てくるのではないでしょうか。

テレワークを始める際は、企業の方とよく相談していきましょう。情報通信ツールをスムーズに活用し、お互いが心地よくやり取りできるといいですね。

就労移行支援事業所で、テレワークに必要なスキルを学んでみよう

「今まで電話しか使ったことがないから、メールの方法を学びたい。」「チャットやスカイプってどう使えばいいのか知りたい。」という方は、就労移行支援事業所で学ぶことができます。

就労移行支援事業所では、障害を持つ方が就労をするためのスキルを学べます。そのためテレワークに必要なメールやチャットなど、情報通信ツールを学べる事業所もあります。また、事業所のスタッフや専門機関から、テレワークの求人にかかわる情報などを得る機会があります。

もし興味がありましたら。こちらの一覧をチェックしてみてください。Saladが取材に伺った就労移行支援事業所を紹介しています。

事業所選びに迷ったとき、テレワークに必要なものが分からないときなどはぜひSalad編集部までご相談ください。

あなたが望む働き方を見つけるためのお手伝いをさせていただきます。

関連記事:失敗しない就労移行支援事業所の選び方!こんな事業所には注意!

まとめ

いかがでしたでしょうか。テレワークは、あなたが普段使っているツールから、これから学ぶ必要があるツールまで、様々なツールを使用しています。

あなたが希望している企業のテレワークは、どんなツールを使用しているか。業務管理の上で大切になってくるポイントです。企業と相談して、あなたからも良い働き方を提案していきましょう。