HSPをチェックする方法。診断テストを受けて自己理解につなげよう

HSPはどうやってチェックするの?

HSPの特徴について知りたい男性

HSPとは

HSPとは、『Highly Sensitive Person』の略称です。世界で5人に一人の割合でいるとされ、直訳すると「とても繊細な人」という意味になります。特徴としては『感受性が強い』『共感性が高い』『感覚が鋭く、敏感である』点があり、生きづらさを感じるケースがあるのです。

参考:HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?その特徴や症状|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

原則医師の診断ではなく、診断テストによりチェックする

HSPは医学用語ではなく、心理学用語です。そのため、『病気』や『障害』とは異なります。原則医師の診断によりわかるものではありません。

…では「どうやってHSPかどうかを判断するのか」というのが、今回の記事で紹介するテーマです。HSPは、心理学の研究に基づいた診断テストによって分かることができます。今回は様々な診断テストが存在しているなかいくつかの診断テストを紹介します。また、筆者も実際にテストを受けてみましたので、『どんな感じなのかな』という雰囲気も伝われば幸いです。

関連記事:仕事が憂うつなのはHSP?うつと似てる点、違いを見分けるコツ3つ
関連記事:HSPは精神科に行った方がよいの?病院に行くべきか否かの判断基準は?

【体験談】HSPのチェック。診断テストを紹介

HSPについて考える男性

日本人向けのHSP診断テスト

まず書籍などでもよく見られる、「HSP診断テスト」を紹介します。概ね19~21問程度の質問に答え、該当する項目数によってHSPか否かが決まるというものです。下記の参照・参考リンクをもとに、テスト項目を紹介します。ぜひトライしてみてください。

【HSP診断テスト】
1 大きな音や雑然とした光景のような強い刺激がわずらわしいですか?
2 大きな音で不快になりますか?
3 一度にたくさんのことが起こっていると不快になりますか?

4 色々なことが自分の周りで起きていると、不快な気分が高まりますか?
5 明るい光や強いにおい、ごわごわした布地、近くのサイレンの音などにゾッとしやすいですか?
6 忙しい日々が続くと、ベッドや暗くした部屋などプライバシーが得られ、刺激の少ない場所に逃げ込みたくなりますか?

7 一度にたくさんのことを頼まれるとイライラしますか?
8 短時間にしなければならないことが多いとオロオロしますか?
9 他人の気分に左右されますか?

10 ビクッとしやすいですか?
11 競争の場面や見られていると、緊張や動揺のあまり、いつもの力を発揮できなくなりますか?
12 強い刺激に圧倒されやすいですか?

13 痛みに敏感になることがありますか?
14 子供の頃、親や教師はあなたのことを「敏感だ」とか「内気だ」と見ていましたか?
15 生活に変化があると混乱しますか?
16 微細で繊細な香り・味・音・芸術作品などを好みますか?

17 自分に対して誠実ですか?
18 美術や音楽に深く感動しますか?
19 豊かな内面生活を送っていますか?

…テストを受けてみて、いかがでしたか。このテストの場合、10個以上「はい」になったときHSPである可能性が高いとされています。ちなみに筆者は、19個すべて該当しました。

参照:日本人向けのHSP診断テスト【自分で出来るセルフチェック】 | 暮らしっく
参考: Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成
参考: Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成(pdfファイル)

また、下記の参考リンクはサイト上に入力することで結果が表示されるものです。質問内容は上記のものとほぼ同じです。筆者はこのテスト、20問中20問全て該当しました。

参考: HSPとは?人一倍敏感なタイプが3分で分かる「HSPチェックテスト」 | 1万年堂ライフ

より細かくチェックできるテストもある

下記の参考リンクのサイトにあっても、サイト上で質問に答える形式です。しかし他のテストと異なり質問数が多く、さらに回答方法も『当てはまらない』から『少し当てはまる』『完全に当てはまる』など5種類の中から選択します。質問数は全部で48問です。

また、これまでに紹介したテストは「はい」を選択した数によってHSPか否かが決まる形式でした。しかしこのテストは「当てはまらない」に選択したことでHSPに該当するケースがあることも特徴です。

点数の範囲は-52点から140までで、数値が高いほどHSP気質が強いとされます。筆者が受けたところ、「114 非常に強い」と診断されました。

参考: HSP診断テスト – 選ぶだけの簡単セルフチェック

HSPの気質の強さがパーセントで表示されるものもある

また、下記の参考リンクのテストでは、診断結果が「~%」で表示されます。筆者が受けたところ、80パーセントでした。

参考: HSPチェック – 診断チェックの心理テスト.tokyo

HSPと診断されたら、どうすればよいの?

活かしい方を考える、HSP気質の強い男性
ここまで紹介したテストの中で、受けてみたものはありますか?実際に突然「あなたはHSPである可能性が高いです」と言われても、どうしたらよいか分かりませんよね。ですから下記の参考リンクで『優れた能力』『苦手なこと』『向き合い方』を紹介していますので、併せてチェックしてみてください。筆者も確認しましたが、よくわかります。

参考:HSPの能力 | HSP診断テスト
参考:HSPの苦手なこと | HSP診断テスト
参考:自分との向き合い方 | HSP診断テスト

HSP気質が強いかな…と感じたら、こちらの記事もチェック

HSPの特徴を検証する男性
HSP気質が強いかな…と感じたら、下記の記事も併せてチェックしておきましょう。

・人混みが苦手だな…と感じていたら
こちら
・他人の感情に振り回されやすいな…と感じていたら
こちら
・色々気を遣いすぎてうまく相談のタイミングをつかめない…というときは
こちら

事前にポイントを押さえて、生きづらさの緩和に役立てていければ幸いです。

HSPを活かして仕事をしたい!と感じたら、Saladにご相談ください

salad
HSPは生活するうえで気を遣うことが多く、心身が疲弊しやすいことで苦労している方も多いのではないでしょうか。しかし、同時に他者に共感する力や物事を深く考える力などに長けているケースもあるのです。

そのような良さを活かして仕事をしたい。そう感じていたらSaladにご相談下さい。Saladでは、障害やその他あらゆる個性を強みとして仕事に活かす『カスタマイズ就業』をもとに、就職のサポートをしております。(こちらのページにて、カスタマイズ就業に基づいた非公開求人も取り扱っております。)

「HSPを活かして仕事がしたい!」「HSPを活かして働くにはどうすればよいの?」など、お問い合わせやご相談も承ります。こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。お待ちしております。

まとめ

リラックスする、HSP気質の強い男性
いかがでしたでしょうか。

筆者は中学時代、先生から「世の中を深く考えすぎる」と言われたことがあります。『どうしてこんなにあれこれ考えるのだろう…』『どうしてこんなに気にするのだろう…』その答えが、HSPでした。

自分の特徴を知ることで、活かし方や対処法も分かりやすくなります。今回の記事も、そのような「自分を知るきっかけ」として活用していただければ幸いです。

【筆者紹介】
Salad編集部員。1980年生まれの男性。広汎性発達障害、ASD(自閉症スペクトラム)の診断を受けている。HSP傾向も強い。過去の職場で、第三者同士の不仲の雰囲気を読み取っただけで具合が悪くなったことがある。

この記事をシェアしましょう!