ADHDとは。原因は脳内物質の働きにあった!?改善策も!

「ADHD」は、脳の神経伝達機能のズレ

ADHD(注意欠如多動性障害)とは

ADHD(注意欠如多動性障害)とは、
〇注意力の欠如
〇衝動性
〇多動性

の特徴を持つ先天的な脳機能の障害です。生物学の研究で、前頭前皮質及び頭頂葉・側頭葉のノルアドレナリン神経系や、ドパミン(ドーパミン)神経系に機能障害があると考えられています。

ただ、近年では脳機能の発達のズレとして、障害ではなく、あくまで人体(主に脳)の機能成長に大きな個人差が発生しているとの見解もあります。

参考:ドパミン | e-ヘルスネット 情報提供 – 厚生労働省
関連記事:【大人の発達障害】ADHD・ADDを持つ方の特徴は?自分の興味を活かそう!

「忘れ物が多い」、「同じミスを繰り返す」などはADHDを持つ方に多い悩みなのではないでしょうか。今回は、「ADHDの症状は、どんな原因から発生する障害なのか」についてご紹介します。

そして改善する一番の方法は、「薬物療法」といわれています。現在抗ADHD薬として使用されている薬にはどんな作用があるのかをご紹介します。

【脳内物質の働き】ADHDの症状が起きる原因

大脳の、前頭頭野の働きにかたよりがある

「前頭頭野」とは、人間の前頭部にある、大脳の一部です。ADHDを持つ方の脳は、この部分の働きにかたよりがあると考えられています。

神経伝達物質の機能が弱い

脳内の「神経伝達物質」とは、脳内の神経細胞間でやり取りをする物質をいいます。

この物質であるドパミン(ドーパミン)やノルアドレナリンの働きが不足していると考えられています。分かりやすく説明すると、発信側の神経細胞から受信側の神経細胞に伝達する際に異常が起こります。これにより受信側に届く神経伝達物質が不足することで、ADHDの症状が起きると言われています。

参考:発達障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス – 厚生労働省

親の遺伝や育て方、生活環境が原因とは言い切れない

現在の医学でADHDの発症については「親の遺伝の関係性がある」としています。

しかしあらゆる要因を踏まえたうえで起こる障害のため、現時点で「遺伝=原因」ではありません。また、先天的な脳機能の障害であるため、親の育て方や生活環境が原因でADHDになるということもありません。

参考:AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断と治療 | e-ヘルスネット 情報提供

ADHDの症状・原因を改善する薬

それでは、ADHDの症状を起こす原因となる脳内物質の働きを改善する薬にはどんなものがあるのでしょうか。現在、抗ADHD薬には大きく分けて3種類あります。

1)メチルフェニデート塩酸塩

中枢神経を刺激し、精神活動を高める効果があります。抗ADHD薬として、不注意や多動性を緩和します。

脳内のドーパミン、ノルアドレナリンの再取り込みを抑え、神経伝達物質の働きを強めます。「受信先の物質に正しく情報が届くようにする薬」です。薬局では「コンサータ®」という名前で表示されていることもあります。

参考:メチルフェニデート | e-ヘルスネット 情報提供 – 厚生労働省

2)アトモキセチン塩酸塩

最近処方が認められた薬です。抗ADHD薬として使用されています。

脳内のノルアドレナリンの再取り込みを抑え、神経伝達物質の作用を強める作用があります。薬局では「ストラテラ®」という名前で表示されていることもあります。

参考:AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断と治療 | e-ヘルスネット 情報提供

3)グアンファシン塩酸塩

先に紹介した2つとは作用が異なり、脳内のノルアドレナリンを受け取る部分を刺激して、シグナル伝達を強化する働きがあります。薬局では「インチュニブ®」という名前で表示されていることもあります。

参考:AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断と治療 | e-ヘルスネット 情報提供
関連記事:【医師に要相談】発達障害を持つ方にかかわる、服薬の効果と注意点

職場で悩む原因を改善するために、Saladがサポートします!

今、職場でADHDの特性で困っていませんか?「自分にとって苦手なことばかりで、うまく自分を活かせない・・」「働くのが苦しい・・」と悩んでいませんか?

そのような場合は、今よりもあなたの個性を活かす場所がある可能性があります。「カスタマイズ就業」という、苦手なことのカバーではなく強みを活かして活躍できるチャンスがあります。

「自分を活かせる環境を探したい!」と感じている方はぜひSalad編集部までご相談ください。あなたが自立して活躍するためのお手伝いをさせていただきます。

関連記事:ADHDの適職は?カスタマイズ就業で、向いてる仕事を見つけよう

まとめ

いかがでしたでしょうか。ADHDの研究は今も進んでおり、今後新しい原因が見つかるかもしれません。脳内の原因は医学でしか改善できません。

しかし、職場や生活の困難はあなたの工夫でも改善することができます。自分の特性を理解して、「ADHDだったから活躍することができた」と思えるような仕事ができるよう心がけましょう。