ETC料金の障害者割引の申請・更新方法!変更申請が必要な場合は?

ETC料金の障害者割引がある

障害者割引で、ETC利用料金が割引になる

障害を持つ方が日常生活において、有料道路を使う際のサポートを目的とした「障害者割引制度」があります。

対象として、「身体障害を持つ方本人が運転する方」「重度の身体障害を持つ方を乗せて運転する方」が対象です。割引額は50%以下です。

関連記事:障害者割引で高速道路のETC料金がお得に!割引内容・適用条件は?

ETC料金の障害者割引には、事前に申請手続きが必要

さて、この「障害者割引」ですが、適用を受けるには事前にお住いの市区町村に申請しなければなりません。

今回は「新規に申請したい場合」「更新したい場合」「適用期間中に住所や割引対象の車を変更したいなどの、変更の場合」の手続きをご紹介します。

【ETC割引】当初申請(新規申請)の方法

手続きに必要なもの

〇身体障害者手帳または療育手帳(障害を持つ方本人のもの)
〇障害を持つ方本人の運転免許証(障害を持つ方本人が運転する場合)
〇委任状(代理の方が申請する場合)
〇登録したい自動車の車検証
〇ETCカード(障害を持つ方本人名義のもの)
〇「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」 など、登録したい車両のETC車載器にある、車載器管理番号が確認できる書類など

参照:事前登録の手続きについて
参照:よくある質問 お手続関係

1)上記の必要書類を持って、お住まいの市区町村に行く

上記の書類を持って、お住まいの市区町村の障害者担当窓口(障害福祉課など)に行きましょう。

諸事情で直接市区町村に行くことができない場合、委任状を書けば代理の方でも申請もができます。委任状の様式に決まりはなく、自由です。

参照:障がい者本人が障害者割引の申請に行けない場合は、どうしたらよいのですか。

2)窓口で発行された「ETC利用対象者証明書」を担当に郵送する

窓口で手続きを行うと、「ETC利用対象者証明書」と所定の封筒を受け取ります。これを有料道路の担当会社に送付しなければなりません。

封筒に切手を貼付して、「有料道路ETC割引登録係」あてに郵送してください。

3)自宅に利用可能日の分かる書類が郵送で届く

この登録係で情報を確認の上、後日自宅に利用可能になる日が書かれた書面が郵送で届きます。

期間は長くて登録係に郵送してから2週間程度かかります。郵送した情報に不備があった場合には、担当の方から連絡が来ます。

確認の結果、割引の用件に満たない場合は登録できないケースもあるので注意しましょう。

参照:障害者割引のETC利用申請をしましたが、登録済結果通知は「ETC利用対象者証明書」を送付してからどれくらいで郵送されるのですか。また、送付した証明書に不備があった場合は、その旨連絡は来るのでしょうか。

【ETC割引】更新申請の方法

割引の有効期限は、「申請した日から(本人の)2回目の誕生日まで」になります。その後も割引を継続したい場合は、更新申請が必要になります。

参照:障害者割引の有効期限について詳しく教えてください。(期限の設定、更新手続きなど)

手続きに必要なもの

当初申請の時と同様です。なお、更新時に対象の車両などの変更があった場合は、変更したい車両に関わる書類になります。

1)割引期限が近づくと、自宅に通知が届く

更新手続きは、割引期限の2か月前から行うことができます。期限が近づくと、自宅に案内の通知が届きます。

参照:障害者割引の有効期限が切れると通知があるのですか。

2)必要書類を持って、お住まいの市区町村に行く

お住まいの市区町村に行き、窓口にて更新の手続きを行います。

【その後の有効期限は・・】
〇有効期限の2か月前から期限前日までに申請した場合・・
手続きを終了した日からその後の3回目の誕生日(最長2年2か月)までになります。
〇期限後に申請した場合・・
申請日から2回目の誕生日までになります。

参照:よくある質問 障害者割引の有効期限について詳しく教えてください。(期限の設定、更新手続きなど)

変更手続きが必要なときは?

次のようなケースが発生した場合は、変更手続きが必要です。

〇車のナンバーが変わった(車の買い替え、ナンバープレート変更など)
〇ETC車載器を付け替えた(破損などで買い替えた場合など)
〇ETCカード番号が変わった(カードの紛失などで再発行した場合など)
〇住所や氏名に変更があった

これらの変更があった場合は、変更手続きが必要です。申請先は、同じくお住いの市区町村になります。必要な書類は、当初申請や更新申請と同じです。

その他変更にあたる詳細は、以下の参照リンクをチェックしてください。

参考:お手続関係

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事などで日常的に有料道路を使用される方にとっては、とても魅力的な割引制度になります。

より豊かな生活になるよう、興味がありましたら検討してみましょう。