【体験談】辛い「ピンチ」脱出法~発達障害を持ち障害者枠で働く方へ

働き続けるには、定期的な「こだわり」の整理が必要。

1)障害を持つ方の離職が多い。

近年、障害を持つ方の就職が増えています。一方で、職場に定着できずすぐに離職してしまう方も多いです。特に精神障害を持つ方の職場定着率が低く、早い方で入社後1年以内に離職してしまう方もいます。

企業側も働く障害を持つ方もどう職場で対応したらよいか手探り状態が続いています。今でも精神障害を持つ方は、企業との双方のニーズに合った職場を見つけることに苦しんでいます。

→参考:障害者雇用の現状等 – 厚生労働省
→参考:障害者職業総合センター研究部門 発達障害者の職業生活への満足度と職場の実態に関する調査研究(平成27年)

2)発達障害を持つ筆者は、職場の多様な価値観に囲まれることが辛かった。

発達障害の特徴として、想定外の物事や臨機応変な対応が苦手な方がいます。そのため独特の「こだわり」や、「自分ルール」の中で生活している方が多いです。

発達障害を持ち障害者枠で働く方の中には、多くの価値観にあふれた職場に生きづらさを感じていることがありませんか?

筆者も多様な価値観の中ですと、頭の中で相関図のようになり混乱していました。発達障害を持つあなたにとっても、「こだわり」は職場で働くための「武器」です。しかしながら、こだわり過ぎてしまうと職場に適応しにくくなり、周囲の方を困らせてしまいます。何よりもあなたの体調に悪影響を与えます。

今回は、あなたが長く職場に定着するために、発達障害を持つ方の辛いピンチを乗り越える「こだわり」との上手な付き合い方をご紹介します。

【体験事例】発達障害を持ち、障害者枠で働くことが辛い方に必要な「セルフチェック」

まずは発達障害を持つあなたの「こだわり」がどんな影響を与えているか、チェックをしてみましょう。

チェック1:あなたの「こだわり」で、あなたが苦しくないか。

今一度あなたの生活を思い出してみてください。

○朝はコーヒーを飲む
○電車に乗るときは前から3両目に乗る
○出勤前に自分の手帳を整理する

など、様々なルーティーンがあると思います。

その中で「絶対しなければならない」とプレッシャーになっているものはありませんか?上の例で言えば

○「絶対」、朝はコーヒーを飲まなければならない
○「絶対」、電車に乗るときは前から3両目に乗らないといけない
○「絶対」、出勤前は自分の手帳を整理しないといけない

と意識している場合、例えば「朝にコーヒーが飲めなかったとき」にストレスになってしまいます。

発達障害を持つ方にとって、「ルーティーン」は生命線です。しかしながら、あなたが「やりたくないけど、決まりだからやらなきゃいけない」と負担になっているものはありませんか?

チェック2:あなたの「こだわり」で、業務に支障がないか。

次に、仕事中に周囲の方とうまくかみ合わないことなどはありませんか?

周囲の方からはっきりと言われた場合はもちろんです。ただし、言う立場の方にも負担のかかることなので、はっきりと言われることは少ないでしょう。そのため「相手が何か不満そうだな・・」「この行動をしたときに、いつも周りとずれる・・」など、仕事中の状況をよく思い出してみてください。

○必ず金曜日に上司に仕事を報告する。
○必ず契約書のチェックは一日50件チェックする。
○毎朝不要なコピー用紙を裁断して、メモ用紙を作る。

上の例ですと、チームにとってそのこだわりがよく影響するのかどうか、念の為上司や同僚に確認してみるようにしてください。もしかすると、不必要なこだわりかもしれません。職場はチームプレイです。もし仕事中に、「違和感」を感じたら、一度見直してみてください。

【体験談】辛い「ピンチ」脱出法

【こだわりの断捨離】
発達障害を持つ方の特徴「こだわり」は、限度を超えてしまうと、あなたに制約がかかり過ぎて負担になります。この状態で生活を続けていくと、うつ病などを発症するケースもあります。

そのようなケースを予防するために、発達障害を持つ方の「こだわり」の整理法をご紹介します。

1)今あるこだわりを書き出して、「こだわり一覧」を作る。

次に、今あなたが思い出せる「こだわり」を全て書き出してみましょう。書き出すことで客観的にこだわりを見ることができます。「生活のこと」「仕事のこと」など、分かりやすく分類すると整理しやすいです。

例【こだわり一覧】
「生活のこと」
○朝はコーヒーを飲む
○電車に乗るときは前から3両目に乗る
○出勤前に自分の手帳を整理する

「仕事のこと」
○必ず金曜日に上司に仕事を報告する。
○必ず契約書のチェックは一日50件チェックする。
○毎朝不要なコピー用紙を裁断して、メモ用紙を作る。

2)定期的に、あなたの「こだわり」を見直す。

こだわり一覧として挙げられた項目を、定期的に見直していきましょう。

ただし注意してほしいのは、「絶対月に一回、こだわりを見直さないといけない」と意識しすぎるのは控えましょう。あなたの負担になってしまいます。

もし、あなた自身で見直すタイミングを決めるのは難しい・・という場合は職場の上司や家族などと相談して、タイミングを確認していきましょう。

3)その中で、不要なこだわりをやめてみる。

最後に、書き出し、見直した「こだわり一覧」をよく見てみてください。前述したセルフチェックのように「あなた自身が辛くないか」「チームにとって必要か」このような視点で、いらないこだわりがあれば、自分のこだわりの中からなくしてあげましょう。

例を挙げますと、
○出勤前に自分の手帳を整理する→負担だから前の日のうちに済まして「なし」にしよう。
出勤前に自分の手帳を整理する

○必ず金曜日に上司に仕事を報告する。→前日のうちに上司に報告が必要か聞くようにする。「必ず」を「なし」にしよう。
必ず木曜日に直接上司に確認して、指示があった時のみ翌日上司に仕事を報告する。

○毎朝不要なコピー用紙を裁断して、メモ用紙を作る。→「毎朝」はやめよう。作ってよいときを上司に確認しよう。
毎朝不要なコピー用紙を裁断して、メモ用紙を作る。

このように、定期的に「こだわりの断捨離」を行っていきましょう。

まとめ

発達障害を持つ方は、想定外の判断が苦手なため、事前にこだわり=ルールを設けて生活します。そうして不安を解消させて生活しています。しかしながらそのルールで負担を感じるようでしたら、あなたや周囲の方を苦しめるものになってしまいます。

発達障害を持つ方の「こだわり」は、うまくコントロールできれば職場でも高い集中力や向上心になります。あなたのこだわりと上手に付き合いながら、職場で長く定着できるように心がけていきましょう。

(筆者紹介)

30代男性。大人になってから発達障害、ASD(自閉症スペクトラム)と診断されている。公務員として10年間勤務、うつ病を経験し民間企業の障害者枠の事務職として4年間勤務。この時にうつ症状に遭い、めまいや不眠、倦怠感などに襲われた。しかし上記のセルフケアを行い、一日で回復し職場復帰した経験を持つ。

特徴として、「聴覚が過敏」「周囲からの感情の影響を受けやすい」「細かい作業が得意」などがある。その後も担当業務は問題なくこなしていたが、自分の強みを生かすために転職を決意。就労移行支援に週5日、一年間通所してトレーニングを続けた。就活の結果、職種を変え、強みを生かせる就職が実現した。