【体験談】就職活動でPR!発達障害の「強み」の探し方

発達障害でも必ず「強み」はある。

1)発達障害を持つ方の新しい働き方「カスタマイズ就業」

現在、障害を持つ方に社会生活ができるよう、企業が仕事を設ける「福祉的就労」があります。

しかし、その中でも生きづらさを感じて職場に定着できず、離職してしまう方が多いです。そのため、障害を持つ方と採用する企業側との双方のニーズを満たす「カスタマイズ就業」という考え方が生まれています。

障害を持つ方が生まれ持った「強み」を生かして社会に貢献できる、新しい働き方です。

→参照:カスタマイズ就業とは(手段と効果)

2)自分の強みや生かし方を知りたくて、就労移行支援に相談した

筆者も「自分の強みを生かした仕事がしたい。」と考えて、当時勤めていた会社を辞め、新しい働き方を探していました。しかし一人で「自分を生かす仕事」を探すのは、とても不安でした。

そのため、数か所見学や体験をしたのち、就労移行支援事業所に通所することを決めました。しかし「自分の強みを生かして仕事をする・・と言っても、自分の強みなんて分からない。」「そもそも、自分に強みがあるわけがない。」というのが当時の筆者の本音でした。

前の職場で、強みだと思っていた「細かさ」を生かした結果、周囲に不満を持たれてしまったからです。「頑張ることで喜ばれなかったのだから、強みとは言えない・・」とスタッフの方にも話していました。

このように、自信を失っている筆者が就労移行支援の学びの中で、どう「自分の強み」ができたのか。以降、強みができるまでの流れをご紹介します。

関連記事:就職手段に就労移行支援を選ぶまで【発達障害を持つ筆者の体験談】

【体験談】就労移行支援で学ぶ、発達障害を持つ筆者の「強み」の探し方

【筆者が当初強みなのかな・・と思っていた特徴】
○発想が豊か
○細かさ、まめさ

1)スタッフの方と相談して、セルフチェックをした。

就労移行支援に通所してから、初めに行ったのは職探しではなく、「自分探し」でした。

就職後に自分がどんな強みを生かして仕事をするのか。そのためにどう学んでいけばよいのか。それが大切になるからです。

しかしながらおよそ半年間、筆者の定期面談のレポート「自分の強み」欄は空欄でした。そんな中でも、スタッフの方から一度も「それじゃだめだ」「努力が足りない」など、否定的な言葉を言われたことはありませんでした。筆者が自分の強みに気づくまで、ずっと励まし続けてくれました。

試行錯誤の結果、事業所のスタッフの方の勧めで、仕事の検索をする前にセルフチェックをしました。どんな性格で長所は何か・・など、客観的な視点で自分がどんな人間なのかを再確認していきました。

2)就労移行支援の学びの中で、自分の強みを実践した。

日々のトレーニングで、セルフチェックで確認した強みを実践するように取り組みました。

【「発想が豊か」に関しては・・】
〇イラストレーターやフォトショップなどでは、「企業がどんなデザインを求めるだろう?」などを想定して、自分の発想を生かしたポートフォリオ(作品集)を作りました。

【「細かさ、まめさ」に関しては・・】
〇エクセルで体調管理表を作成し、毎日自分の体調を管理していました。
〇毎日ほかのトレーニングの間に、コツコツとタイピング練習を行いました。

当初タイピング精度とスピードは「1分間に200文字」ほどでした。約半年間、千回以上練習テストを続けて、最後には目標としていた「1分間で325文字以上」のを身につけました。

こうして自分の強みを日々実践していくことで、強みを信じる土台ができていきました。

3)採用面接で伝えることで、自分の強みとする「覚悟」をした。

企業の採用面接で「あなたの強みは何ですか?」と聞かれたときに「『繊細さ・まめさ』と『発想力』です」と応えました。こうして伝えたときに自分の強みに対する「覚悟」ができました。

「『自分の強み』だと発言したのだから、その通りに実行しないといけない」という責任です。

4)スタッフの方が見つけてくれた「強み」もあった

就労移行支援事業所のスタッフの方が、就職活動の際に推薦状を書いてくださいました。その内容には筆者は「穏やかな性格」とありました。そこで初めて「自分は人と比べて穏やかなのか」と気づきました。

このように、「性格として知ってはいるけれど、企業にアピールするようなことではないかな・・。」と思っているものの中にも、強みは存在するのかも知れません。

就労移行支援事業所で学んだあとの「筆者の強み」はこちらです。

【筆者の強み】
○発想が豊か
○細かさ、まめさ
〇穏やかな性格

このように、就労移行支援で学ぶ中で、前の職場で見えなくなった「自分の強み」を確かめることができました。事業所のスタッフの方には本当に感謝しています。

まとめ

いかがでしたか。

前の職場で、筆者は大きく体調を崩すこともなく、一生懸命仕事をしてきました。頑張ることに対して、周囲に不満を言われても努力しました。最終的には周囲の方が聞きに来るくらいにまでに成長できました。それでも、自分が努力をすればするほど、周囲の不満が募るのも感じていました。

そのため上司にも「筆者の努力は許されているのですか?」と聞いたほどです。しかしその答えは出ませんでした。「筆者が頑張ると、周囲が嫌な顔をするのはなんで?」このようなモヤモヤを抱えたまま会社を辞めました。

筆者が就労移行支援にいちばん求めていたものは、スキルや知識ではありません。自分が抱えていた、この精神的なモヤモヤを解決する「気付き」でした。この記事が今、就職したいけど、自分の強みが見つけられず働く自信が持てない・・という方の「気付く」きっかけになれれば幸いです。

筆者紹介


30代男性。
診断名:広汎性発達障害。ASD(自閉症スペクトラム)
職歴:公務員と民間企業で計15年ほどの職歴あり。主に事務職を経験。
希望していた業種、働き方:在宅勤務。
通所期間:1年(週5日。通所率は9割ほど)
就労移行支援で学んだ主な項目:(WEB)ライティング、イラストレーター、フォトショップ、HTML/CSSなど