うつ克服法3つ 〜ASD男性、9年間で二度のうつから脱出した体験談〜

※著者紹介
30代男性。幼少時代から感受性が強く、対人関係において悩みを抱えながら生活。就職後、最初にうつが発症した際に心理検査を行った結果、ASD(自閉症スペクトラム)と診断される。公務員約10年間で一度、民間企業約5年間で一度と20代、30代の9年間で二度のうつを経験。2年間の休職やリハビリを経てうつ症状を克服し、現在は就労移行支援施設にて自身の障がい特性を生かした新しい働き方を求めて日々訓練に励んでいる。

うつのきっかけは誰にでも存在する

1)うつは感情を抑制しすぎる「心の渋滞」

うつは現代病として広く知られています。しかしながら現在もまだ多くの方にとって身近に感じることが難しい病気なのでないでしょうか。

筆者も発症するまではその一人でした。職場での人間関係がうまくいかず、ストレスを感じながらも自分を抑えないといけない立場であったがゆえ、感情(特に怒り)を抑え続けた結果、寝ても疲れが取れなくなり・・さらには眠れなくなり・・そんな中でも無理を続けてその無理もできなくなって病院に行った結果、「うつ」と診断されました。

2)「まさか自分が」・・ゆえに早期発見が難しい

正直にお話ししますと、筆者も発症するまでうつは「心の弱い人がなる病気」という先入観があり、自分とは関わりのないことだと一線を引いていました。だからこそ症状が始まっていても「まさか自分が」と疑いもせず、無理を続けてしまったわけです。

診断されるまではうつになることは大変なことだという意識がありましたが、うつを体験し、克服した者として筆者がお伝えできることは「人との関わりがある限りきっかけは誰にでも存在し、起こり得る病気」だということです。

うつ克服法

1) 克服法その1~ 問題のきっかけや原因から離れる

逃げることは悪いことではありません。

ストレスを感じないためにその発生源をなくす、または軽減する方法です。はじめは筆者も「逃げてはいけない。頑張らなければいけない」とうつを発症した職場で何とか復帰しようと努力しましたが、うつの原因となる人がいたりその場所に赴くだけで熱が上がったりしていました。退職すると決断して職場を去った時に、ふっと肩の荷が下りて楽になった感覚を今でも覚えています。

もちろん、この決断は簡単にお勧めできるものではありませんが、職場を辞める以外の方法として異動を申し出たりするなど、問題のきっかけや原因となる環境から離れて「自分はもう安全、安心なんだ」と思える環境に身を置くことが大切です。

2) 克服法その2~自問自答して、心の断捨離(セルフケア)を行う

うつ症状に伴い不眠になり、めまいを感じ朝の通勤が怖いと思う瞬間がありました。

会社が要塞のように思えた感覚を今でも覚えていますが、そういったときは心の中の「自分ルール」が多すぎて、感情がひどく抑制されている状態だということに気づけたのです。自問自答して「今生きていくのに必要な自分ルールは何か」を考え、不要なこだわりはいったん隅に置いておく心の断捨離を行いました。

その瞬間、体も心も上昇するような勢いで回復し、翌日から通常通り仕事に復帰できました。うつ克服は、自分の感情に従い無条件に許すことから始まるということを肌で感じた出来事でした。

3) 克服法その3~家族や友人の支えを意識する

精神的に追い込まれていると視野が狭くなります。

周囲に味方がいたとしても、自分にとって都合の悪いものばかりが見えてしまいがちになります。ASDの場合は特性上、自分から発信することを不得手としているケースが多いため、なかなか自力でこの視野を広げ直してゆとりを取り戻すということは難しいと筆者も体験の中から感じています。

そのような中で、やはり常に味方でいてくれる家族の存在は大きいですし、意識して味方の存在を感じ続けることが大切です。そう心がけることで心の芯が元に戻っていきます。家族以外にも、友人や病院のカウンセラーなど、安心して寄り添える人が一人いるだけで、大きく事態は変わってきます。

うつ早期発見のために

1) 体のサインを素直に受け入れる

体の不調を気持ちで乗り切れてしまう人の方が危険です。そのような方ほど、うつの発症に気づきにくいケースが多いです。上司の何気ない言葉やふとした弾みに気持ちが崩れた瞬間、気持ちだけでは取り戻せない危険な状態になります。

筆者の場合は手が震えてしまいまともな字が書けない、定規を使ってまっすぐな線を引いたつもりが曲がってしまう・・という体験をしました。日に日に眠れば眠るほど体力がなくなっていく、寝起きの体がひどく重くて起き上がれない、朝が来るのが怖いなどの症状を少しでも感じたら精神科や心療内科などを受診しましょう。

結果発症していない場合でも、風邪と同じで予防は大切です。

2) 日常生活の中での変化に気づく

通勤の時に聞いていた音楽が聴けない、好きだった本や新聞の文字を目に入れようとするだけで疲れてしまう・・心が引きこもりがちになり通っていた職場の道を通るときに苦しくなったりめまいが起き始める・・などの、変化には気をつけましょう。

これまで行ってきた生活で少しでもストレスに関わっている行動をしようとするとどことなく不快であったり、耐え切れず受け入れられないという日常生活の中の心情に変化があった場合は心の不調のサインです。

3) 弱いからうつになったわけではない

強い筋肉質のアスリートも風邪をひくことがあるように、うつの発症と心の強さとは無関係と思っています。

症状や環境からつい「周囲に迷惑をかけている」と罪悪感を抱きやすく、筆者も苦労したところですが、少なくともうつが発症したからといって「恥」ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うつを発症した方によく「頑張れ」と言ってはいけないという話題を耳にします。それは発症した方の苦しさを踏まえないで、一般的な評価だけで見た「頑張れ」だと受け取ってしまうことが多いことが理由の一つに挙げられます。

うつに苦しむ方が、相手に「受け入れられていない」と感じれば、その「頑張れ」は苦痛でしかありません。筆者は精神的に苦しみ、心が引きこもりがちな方に「手は抜かず、肩の力を抜いていこう」と声をかけるようにしています。

今回の克服法はあくまで一部であり他にも様々な方法が存在しますが、何よりも自分と同様の苦労をする方が少しでも減って欲しい、今うつに苦しんでいる方が少しでも現状を脱出し、克服していくきっかけになることができたらということが、筆者の願いです。