家事代行サービスとは。仕事内容やハウスクリーニングなどとの違いは

家事代行とはどんな仕事?

家事代行で、洗濯を行う女性

家事代行サービスとは

家事代行サービスは、文字通り「家事を代わりに行う」サービスです。「ハウスキーパー」などとも呼ばれています。顧客に代わり、

・(顧客の)自宅の清掃
・炊事
・洗濯

これらをはじめとした「一般的な家事全般」を代行するサービスです。

家事を仕事にしてみたい

コロコロで清掃を行う男性

障害を持ち、オフィスで働くことに不安を感じていることはありませんか?オフィスでの仕事は

・新たに仕事を覚えなくてはならない
・職場の人間関係を意識しなくてはならない
・電話やメールなど、苦手なコミュニケーションツールがある

これらの項目などに対し不安を抱くことがあるかもしれません。しかし、家事なら

・昔から家の手伝いで良く家事をやっていた
・うつ病などで休養中、リハビリとして家事をやっていた
・もともと料理や掃除が好き

このような方にも活躍のチャンスがあります。今回はそのような方へ働くきっかけとなるよう、「家事代行」について一緒に見ていきましょう。

家事代行サービスの仕事内容

家事代行で、掃除機を使って清掃をこなう男性
家事代行サービスの仕事内容は以下のものがあります。

掃除・整頓関係

家事代行の仕事の一つが、掃除や整頓関係の仕事です。

・部屋の片づけ
・掃除機掛け
・食器洗い
・キッチン・浴室、洗面所やトイレなど水回りの清掃
・バルコニー(ベランダ)の清掃
・窓ふき
・庭の清掃

これらについて、自宅の持ち主である顧客のニーズに応えて作業をしていきます。

洗濯など洋服関係

家事の中でもメイン作業の一つ、洗濯です。このような洋服関係の仕事も行うことがあります。主な作業は、以下のようになります。

・洗濯機を使用し洗濯をする → 洗濯物を干す → (場合により)洗濯物を取り込む → 洗濯物をたたんでしまっておく
・洋服のアイロンがけ

顧客の方の生活形態によって、「洗濯物は、干すまでを行う」などどの段階まで行うかは様々です。

料理関係

料理に関しても業務の一つです。必要な食材を購入し、料理を作り置きすることや顧客が在宅しているのであれば、その場で作るときもあるかもしれません。

その他

その他業務として、ティッシュペーパーや洗剤など日用品の買い物郵便物の受け取りまで様々な家事を代行する可能性があります。ペットがいるお宅では、顧客が仕事で不在中、世話をするなどの仕事を行うサービス会社もあります。

参考:家事代行サービスとは|家事代行、家政婦、ベビーシッターなら「かじまある」

家事代行とハウスクリーニング、どう違うの?

ハウスクリーニングの女性
『掃除をするなら、ハウスクリーニングと同じでは?』と感じた方もいるかもしれません。確かにどちらも清掃を行うことでは共通していますが、両者の仕事は異なる部分があるのです。

ハウスクリーニングは、専門的な技術を持つ「清掃のプロ」

「ハウスクリーニング」は、清掃に特化している仕事です。ですから清掃に関して専門的な知識や技術を持つ業者が行います。業者専用の洗剤や道具を使用し、徹底的に掃除を行うのが業務です。

あくまで家事代行は、原則「一般的な家事を行う」仕事になる

一方、家事代行は基本的にどの作業も「顧客がもともと持っているもの」「顧客が用意しているもの」を借りて行います。知識や技術も、あくまで一般的な家事経験を持つスタッフとして仕事を進めていきます。

したがって家事代行は、エアコンや換気扇の分解清掃、床のワックスがけなどの専門的な技術を用いた仕事を行うケースはないでしょう。

ただし家事代行サービスの会社の事業の一つとして、ハウスクリーニングを行う企業もあります。この場合は上記の専門的な作業を行う可能性もあるかもしれません。就職を希望している場合は、事前に事業内容を確認しておくと良いでしょう。

『家事代行』と『家政婦』ってどう違うの?

家政婦さんのイメージ
家事代行サービスの仕事を聞いて、『それって家政婦さんということ?』と感じたかもしれません。ここにも、異なる点があります。両者の一番の違いは、『雇用形態』です。ポイントを整理してチェックしてみましょう。

家政婦の雇用形態

家政婦の場合、雇用形態のポイントは以下の通りです。

・家政婦紹介所に登録する
・雇用の契約は、直接家政婦と顧客との間で結ぶ

こちらが家政婦の雇用形態の特徴です。簡単に言いますと、家政婦紹介所が紹介した後は、個人として勤務することになるのです。そのため「トラブルや顧客側からの不満などに対しても、当事者同士で解決させなければならないこと」があります。また、顧客と家政婦の相性が合わない場合、家政婦自身に伝えないといけません。そのため、双方にストレスとなってしまうこともあるでしょう。

家事代行サービスの雇用形態

家事代行サービスの雇用形態のポイントは以下の通りです。

・家事サービス代行会社との雇用契約を結ぶ
・企業で対応しているため、スタッフ交替なども行いやすい
・原則、サービス会社は損害賠償保険に加入している為、物損などが起きても顧客が補償を受けられる

このような点があります。顧客は補償を受けられるため、物を壊してしまい弁償しなくてはならない…というケースも少ないでしょう。家政婦はトラブルを自分で解決させる必要が出てきますが、家事代行は会社で対応するのが基本です。そのため、比較的安心して仕事がしやすいのではないでしょうか。

家事代行サービスの「仕事の範囲」は?

家事代行で、洗濯物をたたむ女性
家事代行サービスは、顧客のニーズに応えて幅広く行う…とお伝えしました。ここで『いったいどこまでの家事をするのだろう?』と疑問に思った方もいるかもしれません。

先ほどハウスクリーニングとの違いの説明で少し触れましたが、家事代行の基本は『一般的・日常的な家事を行う』ことです。そのため、仕事範囲のボーダーラインは『日常的な家事であるかどうか』になります。ほぼ毎日行う可能性のあるものと言い換えても良いかもしれません。

ですからエアコンの掃除など専門的な清掃を行うケースや、子供に勉強を教える…というケースも業務範囲「外」となります。ただし、各家事代行サービス企業によってサービス内容が異なっている場合があります(ペットの世話可、など)。ですからあらかじめサービス(仕事)内容を確認しておくことをお勧めします。

家事代行サービスの「やりがい」は?

家事代行サービス
では、家事代行サービスを行うことで、どのようなやりがいを得られるでしょうか。一番のやりがいは「顧客の生活の負担を減らせる」ということです。

家事は、できる・できないに関わらず少なくとも誰もが行う必要があるものです。現在、夫婦共働きなどで家事に時間を費やせる機会が少ないことがあります。日中不在であるために、夜中洗濯機を回して近所から「騒音だ」と苦情を言われても、どうしようもないですよね。苦情はなくても、疲れて帰ってきてからもうひと頑張りするというのは、辛いものです。休みの日にまとめて行う…という場合もありますが、休日の時間が取られてしまい、心身が休まらないということもあるでしょう。

このような負担をなくし、顧客がゆとりをもった生活をすることができること。これが家事代行のやりがいと言えるのではないでしょうか。

参考:家事代行サービスとは? | 家事代行・家政婦の比較ならカジフル

まとめ

綺麗な鏡にやりがいを感じる、家事代行の女性
いかがでしたでしょうか。

実は、家事代行の仕事を目指すメリットがもう一つあります。それは「いつでも実習ができる(行っている)」ということです。他の仕事は、企業に応募し職場でないと実習は行えません。対して家事代行は、自宅でいつでも「実習」をすることも可能ですよね。またはもともと自宅で家事を行っている場合は、既にスキルを身につけていることにもなるでしょう。

ですから、もしオフィスワークなどで働くイメージが沸かない…という方は一度家事代行を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしましょう!