月経困難症へのピル処方は保険適用?ピルのメリットとデメリット

月経困難症とは? ピルは効果があるの?

月経困難症で仕事がつらい女性

月経困難症とは

月経困難症とは、月経期間中に月経に伴って起こる病的な状態のことで、月経痛(下腹部痛・腰痛)に加えお腹の張り頭痛、吐き気、疲労感、イライラ、食欲不振、下痢なども含まれます。

月経痛(生理痛)が強く日常生活に支障を来す場合は月経困難症とされ、治療の対象になります。

生理のたびに寝込んだり、学校や仕事を休んだりするなど、生活に支障が出るほど月経痛(生理痛)がひどい場合は病院での治療を検討しましょう。

参考:月経痛 – 22. 女性の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版

月経困難症にピルは効果があるの?

月経困難症は、排卵が起こり女性ホルモンの変動があることが原因ですので、低用量ピルで排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすと症状は軽快します。

低用量ピルは少ないホルモン量で排卵を止めることができます。この薬は副作用が比較的少なく、服用している期間だけ一時的に排卵を止め、服用を停止すると排卵が再開します。その後の妊娠には影響を与えません。

月経困難症は子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因で起こる器質性月経困難症と、原因となる疾患はないけれども月経痛がひどい機能性月経困難症に分類されます。

機能性月経困難症を放置すると、将来的に子宮内膜症になるリスクが大きくなります。

日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合や鎮痛薬を服用しても改善しない場合は、子宮内膜症が見つかることもあります。

子宮内膜症は生理のたびに進行するので、月経痛が毎回ひどくなっているという場合は早めに婦人科を受診しましょう。低用量ピルなどのホルモン剤の服用で痛みを緩和できる場合があります。

参考:【第2回】治療薬としての低用量ピルの話|病気の話|杉並区医師会
参考:生理痛の症状がひどい場合|生理痛のはなし|EVE(イブ)【エスエス製薬】

月経困難症へのピル処方は保険適用? ピルのメリットとデメリット

保険証

月経困難症へのピル処方は保険適用されるのか

ピルの効果はわかったけど、値段が高いのでは……? と心配している方もいるのではないでしょうか。毎日飲む薬ですし、値段が高くては負担が大きいですよね。

ピル処方には保険は適用されるのでしょうか?
ケースによって異なりますので、保険が適用されるケースについて説明していきましょう。

参考:低用量ピル(OC)|半蔵門駅徒歩1分の一番町レディースクリニック|麹町・市ヶ谷・四ツ谷

月経困難症へのピル処方に保険は適用される

処方薬(ジェネリック医薬品)のイメージ

月経困難症および子宮内膜症への低用量ピル処方は保険適用される

月経困難症および子宮内膜症の治療のために低用量ピルが処方される場合には保険適用になります

保険適用される低用量ピルの種類は決まっていますので、保険適用の低用量ピルを希望する場合はその旨を伝えると良いでしょう。

参考:低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン (改訂版)|日本産婦人科・新生児血液学会
参考:子宮内膜症ってどんな病気?|持田製薬株式会社
参考:月経困難症について:ワタシのカラダ相談室-持田製薬株式会社

低用量ピルの効果

低用量ピルの効果

 

低用量ピルの効果とは

低用量ピルの主な効果として、月経困難症(月経痛)の軽減過多月経の方の月経血量の減少月経不順の改善子宮内膜症の予防と改善、月経前症状(PMS)の軽減などがあげられます。

また、大人のニキビや多毛症の改善にも効果があります。

参考:低用量ピル(OC) | 恵比寿ガーデンプレイスクリニック
参考:ピルの副効用 | 東京のピル処方相談室|安心安全のピル アフターピル処方 池袋 渋谷

低用量ピルを服用した場合の副作用

低用量ピルの副作用でだるい女性

低用量ピルを服用した場合の副作用

飲み始めた頃には吐き気頭痛不正出血などの症状が出ることがありますが、多くの場合は次第に落ち着いてきます。

3ヶ月以上このような症状が続く場合は主治医に相談しましょう。

参考:低用量ピル(OC)の副作用 | 東京のピル処方相談室|安心安全のピル アフターピル処方 池袋 渋谷

低用量ピルを服用するメリット

低用量ピルで月経困難症の症状が軽減した女性

低用量ピルを服用するメリットとは

  • 生理の周期が規則正しくなる
  • ・生理の出血量が減少
  • 生理前、生理中の痛み・不快感・倦怠感が少なくなる

などがあります。負担が減り「もっと早くピルを服用すればよかった」という感想を持つ人も多いようです。

参考:低用量ピルのメリットや副作用のことなら新中野女性クリニック

低用量ピルを服用するデメリット

血液検査のために採血をする看護師と患者の女性

低用量ピルを服用するデメリットとは

主なデメリットとしては、血栓症のリスクがあることが挙げられます。特に喫煙している方や、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病40歳以上の方は注意が必要です。

また婦人科に通うのが大変という方もいるかもしれませんが、婦人科でピルを処方する場合、定期的に問診や血液検査などをして副作用がないか、婦人科健診を受けているか、ピルを飲み続けてよいかチェックします。

安心してピルの服用を続けるためにも、婦人科に通ってピルを処方してもらうことをおすすめします

個人輸入などで入手した薬を自分の判断で飲むのは、薬自体の危険性に加えて副作用の危険もあるので、婦人科で診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

参考:低用量ピル(OC)の安全性 | 東京のピル処方相談室|安心安全のピル アフターピル処方 池袋 渋谷

婦人科に行きにくい……。行ったことがないという場合

婦人科に行きにくい……。行ったことがないという人

婦人科に行きにくい場合

ピルには興味があるけど婦人科に行きにくい・行ったことがないとお悩みの方もいるのではないでしょうか?婦人科の受診に不安がある場合は、事前に病院についてインターネットで調べることをおすすめします。
病院のホームページでいろいろな情報が公開されているので、事前にチェックすると安心して受診できるのではないでしょうか。例えば、

  • ・担当医が女性かどうか(女医の診察を選べるどうか)
  • ・診察内容
  • ・診察料
  • ・院内の様子(写真)
  • ・受診の流れ
  • ・患者について(どんな年代・受診理由の患者が多いか)
  • ・Web予約ができるかどうか
  • ・雰囲気

など、納得のいくところを選んで受診しましょう。
わからないところは事前に電話などで問い合わせするのもよいでしょう。

参考:東京都の女性医師のいる産科/婦人科がある病院 343件 【病院なび】

他に服用している薬がある場合は医師・薬剤師に申告を

他に服用している薬がある場合は医師・薬剤師に申告を

おくすり手帳を持参すれば便利

また、もう一つ重要な注意点としてピル以外に服用している薬がある場合必ず医師と調剤薬局の薬剤師に申告する必要があります。

一緒に飲んではいけない薬や、一緒に飲むと効果が重複する薬などを避け、副作用が起きないようにするためです。

おくすり手帳を持っているならば、おくすり手帳を持参して見せるのが便利でしょう。

おくすり手帳は、調剤薬局を利用する時に希望すれば発行してもらえて、持参することで病院から処方される薬代が最大40円ほど安くなります。

理由は薬局に支払う薬剤服用歴管理指導料が安くなるからで、これは同じ薬局を利用した場合に限ります。
普段服用している薬がわかるため、急な入院時や災害時などにも役に立つので、持っていない場合は作っておくとよいでしょう。
現在、おくすり手帳には電子版(アプリ版)もあり、使用されています。

参考:くすりの説明書とおくすり手帳 | 公益社団法人東京都薬剤師会
参考:医療費が安くなる!? あなたや家族を守る「おくすり手帳」って?(ファイナンシャルフィールド) – Yahoo!ニュース

仕事・働き方に悩んでいたら。『Salad』が強みを活かす就職のサポートをします


自分の強みを仕事にできる求人サイト

ノウドー

強みの活かし方を知るための情報サイト

Salad

 

ができること

新しい働き方を知りたい!

今すぐ働きたい!

あなたの強みを活かす働き方を。

あなたの「好き」を『伸ばす・活かす』サポートをいたします。
でもそれはあくまでサポート。
「好きなことならがんばれる」というあなた自身の熱意を
求めている企業をみつけませんか。

まとめ

レジで接客の仕事をする女性
参考になりましたでしょうか?

体質や服用している薬などの事情も異なりますので、すべての人が低用量ピルを服用できるわけではありませんが、婦人科で相談すれば他にも改善するヒントが見つかるかもしれません。

生活や仕事に影響が出て悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。

この記事をシェアしましょう!