発達障害でも無理じゃない!正社員になるチャンスと必須条件を紹介!

正社員の募集もあるが、非正規雇用からスタートするケースが多い

障害を持つ方の雇用形態

障害を持つ方の社会進出が進む中、正社員雇用になる機会が増えています。ハローワークなどの求人でも、障害者雇用として正社員を募集している企業が出てきています。

発達障害を持つ方は、非正規雇用からスタートすることが多い

しかしながら、発達障害を持つ方の場合はどうでしょうか。障害者雇用の場合、契約社員やパートタイマーなどの非正規雇用からスタートするケースがほとんどです。

考えられる理由として、
○入社してすぐに離職するリスクが高い
○正社員と比較して、勤務時間などの配慮をしやすい

などが挙げられます。

参照:障害者職業総合センター研究部門 障害者の就業状況等に関する調査研究(平成29年)
参照:障害者職業総合センター研究部門 発達障害者の職業生活への満足度と職場の実態に関する調査研究(平成27年)

障害者雇用でも、正社員になれるケースがある

それでは、発達障害を持つ方が障害者雇用で就職した場合、正社員にはなれないのでしょうか?そんなことはありません。まだ例は少ないですが、正社員になることはできます。

今回は、発達障害を持つ方が正社員になる3つのポイント
〇発達障害の方の正社員雇用の探し方
〇正社員に採用される条件
〇非正規雇用で就職後、正社員になるための条件

をご紹介します。

発達障害を持つ方のための正社員求人の探し方

ハローワークなどの障害者求人の中から正社員を募集している企業を検索し、以下の方法でチェックしてみてください。

企業の障害者雇用実績を確認する

まず、対象の求人が見つかったら、企業の採用情報から、障害者の雇用実績を確認しましょう。過去にどんな障害を持つ方を多く採用しているかを知ることで、その企業がどんな障害を持つ方を求めているかが分かります。

応募要件をチェックする

次に、応募要件をチェックしましょう。
〇どんなスキルが必要か、
〇実務経験の有無は求められているか

などを確認し、確実に自分が活躍できると感じられる求人を、根気よく探しましょう。

企業のホームページなどをチェックして、事業課題への提案を考える

最後に、応募したい求人が見つかったら、その企業のホームページをチェックしましょう。

企業理念や事業目標、今後の事業課題などをチェックして、あなたなりに「自分ならどうしたいか」をまとめておきましょう。企業の方針を考えるのは上層部や幹部だけ、ということはありません。

関連記事:【どんな質問をされるの?】障害者枠で面接を受ける方が準備すべきこと

「検索方法は分かった。でも、正社員として採用されやすい人はどんな人なの?」と感じる方もいるかも知れません。そのような方のために、「正社員になるために必要な条件」を紹介します。

発達障害を持つ方が、正社員になるために必要な条件

専門職の実務経験がある

Webデザイナーやエンジニアなど、過去に専門職の実務経験がある場合は正社員採用されやすいです。理由は知識だけでは得られない、業務全体の流れをはじめから把握していることが多いからです。

正社員のため、この業務の流れを一から説明しないといけない方より、即戦力として活躍できる人材が求められます。そのため、実務経験のある方が優先されます。

もし未経験の場合は、実務経験に相当するスキルを証明する必要があります。

健康管理ができることを証明できる

正社員として採用できない理由は、体調悪化ですぐに辞めてしまうケースがあるからです。そのため、
〇過去に長期休暇が少ないことが分かる
〇体調が安定していることを証明できる

ことで、企業の方も「この方なら安定して働いてくれる」と感じて採用しやすくなります。

企業への課題に対して、明確なアイディアを持っている

先ほども触れましたが、どんな人でも仕事を始めてみなければどうなるかは分かりません。それは面接官や人事の方も同じです。

就職前から「自分ならこのように業務を行う」というイメージを伝えられれば、企業の方も「あなたの将来」がイメージしやすいです。即戦力として活躍するために、就職前から実務の準備をするくらいの熱意を伝えましょう。

関連記事:発達障害者枠でも自立できる!給料アップに必要なスキルとは?

さて、これまでは「正社員の雇用を受ける方法」をご紹介してきました。しかし「非正規雇用で就職したら、その会社では正社員になれないの?」と感じた方もいるのではないでしょうか。

最後に、「今非正規雇用で仕事をしている方が、正社員になる方法」をご紹介します。

障害者枠の方が非正規雇用から正社員になるには?

1)健康状態が安定している

第一条件として、健康状態が安定していることです。どの企業も障害者雇用の方に一番求めている要素が「健康管理」です。正社員になると、あなたひとりだけの業務ではなく、他の方との関わりも増えてきます。そのためには周囲に迷惑がかからないよう、健康管理ができ体調が安定していることは必須条件です。

事実、職場定着が進むことで正社員になるケースは多いです。

2)安定して業績を残している

次に、「仕事の安定」です。毎日コンスタントに業務を行える力が必要です。良い時と悪い時にムラがあってはいけません。状態が良い時でも悪い時でも同じ成果が出せるのは、自己管理によるものです。

正社員になれば、業務の責任は重くなります。その分、多くの方が関わります。この多くの方から「あの人なら大丈夫」と安心してもらうためには、日々コンスタントにこなせる自己管理が大切です。

3)上司や周囲の方とのやり取りに支障がない

正社員になれば、チームの「核」として仕事をする可能性もあります。この場合、周囲の方とのやり取りに問題があるようでは、チーム単位で支障が出てしまいます。

このような事態が正社員になれば増えてきます。業務に必要なコミュニケーションは、問題なく取れるようにしておきましょう。

4)自分の活かし方を知っている

障害を持つ方は、「特性」があります。良いところもあれば、悪いところもあります。自己理解がなく、悪いところばかり目立っているようでは正社員にはなれません。あなたの良いところを理解し、磨き続けられる方法を知っておくことが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

発達障害を持つ方の多くは、非正規雇用で経済的に悩んでいるのではないでしょうか。正社員になれば、責任が重くなります。しかし雇用形態は安定し、収入も上がります。

「非正規雇用のままがいいのか・・正社員になった方がいいのか・・」と迷っていたら、ぜひSalad編集部までご相談ください。