発達障害を持つ方の会話のコツ4つ~話が通じないときは要確認!

発達障害を持つ方は、職場で話が通じないことに悩みやすい。

発達障害を持つ方は、コミュニケーションのズレに悩む

発達障害を持つ方の就職件数が増えています。しかし環境が合わず、すぐに辞めてしまう方が多いです。その原因のひとつに「コミュニケーション」があります。

このコミュニケーションがうまくいかず、苦しんだ末に体調を崩して辞めていく方が多いのではないでしょうか。

参照:障害者職業総合センター研究部門 障害者の就業状況等に関する調査研究(平成29年)
参照:障害者職業総合センター研究部門 発達障害者の職業生活への満足度と職場の実態に関する調査研究(平成27年)

今回はこのようなケースを改善するために、発達障害を持つ方の
○話が通じないケース
○話が通じないことでの影響
○発達障害を持つ方の会話のコツ

をご紹介します。

発達障害を持つ方の、話が通じないケース

一方的に話してしまう

相手が話したいのに、お構いなしで一方的に話してしまいます。

原因として考えられるのは
○衝動に任せて話してしまう。
○自分で会話の「台本」を用意していて、その通りにしか話せない。(相手の話を聞くと、予定変更になり動揺してしまう)
○話すことに自信がなく、相手の話を受ける余裕がない。

などが挙げられます。

これでは会話が噛み合わず、話は通じません。

要点がない。または要点を整理して話せない

一通り話したあと、「それで、何が言いたいの?」「・・・で?」と言われることはありませんか?

そのような方に多いのは「相手にどうして欲しいのか」「自分がどうしたいのか」という要点(=意思)が抜けていることが多いです。

また、話の構成が散らかっていることや、時系列に沿って話そうとしている場合があります。相手は要点が出るまで、話をかみ砕き続けなければいけません。これは相手にとって、とても負担になることです。

思い込みで話してしまう

相手からよく「いやいや、そういうことじゃなくて」と言われませんか?

この場合、話の根本からずれていることが多いです。要点を確認せず、思い込みで決めつけて話していませんか?

話し方だけにこだわりすぎてしまう

発達障害を持つ方は過去の体験などから、コミュニケーションにコンプレックスを持っていることが多いです。そのコンプレックスを解消しようと「上手に話したい」と考えがちです。

本来は、相手にどうやって伝えるかを一番に考えなくてはなりません。しかし、話が通じにくい方の場合、「いかにうまく話してコンプレックスを解消するか」にこだわりすぎてしまう傾向があります。

結果、遠回しや難解な表現になりやすく、さらに通じなくなります。このような話し方をすると、あなたや周囲にどのような支障が出てくるでしょうか。

話が通じないことで起きること

業務が滞り、相手からの信頼を失う

もちろんですが、業務の流れが滞ってしまいます。相手があなたに聞きたくても「満足な回答が得られない」と感じられ、信頼されなくなってしまいます。

双方にストレスがたまってしまう

相手はもちろん、あなたも意思が通じないことでストレスがたまります。両者とも体調を崩して共倒れになってしまったら、元も子もありません。

あなたが自信をなくしてしまう

話が通じないことによって、さらに自信をなくしてしまいます。そのコンプレックスを何とかしようとして、さらに話が通じなくなることもあります。

このような事態を防ぐには、どのような点に注意して会話をすれば良いのでしょうか。

発達障害を持つ方の会話のコツ

1)まずは聞かれた質問に答える

話が通じないと感じる人は、聞かれた質問に答えずに話し続ける方が多いです。

まずは相手に聞かれた質問に回答しましょう。 質問への回答が来れば、相手はその後の話の内容もスムーズに受け取れます。

2)最初に結論から話す。

質問に答える点と似ていますが、あなたから発信する場合の方法です。

会話の最初に、まず結論から話しましょう。メールなどの文面に置き換えると、件名になります。

最後まで読まないと意味が分からない、メールの文面は疲れませんか?それと同じように、最後まで聞かないと結論がわからない話は、相手を疲れさせてしまいます。

つい、あれこれと説明して伝え漏れをなくそうとしがちですが、逆効果です。「〇〇の件ですが、いま作業が終わりました。」など、結論を先に伝えれば、相手はわかりやすいです。

3)意味が分からないときは、いったん話を止めて確認する

話が通じない方は相手の話の意味が分からなくても、止めることをためらってしまいます。止めたら悪いのではないかと遠慮してしまうからです。しかし、意味を知らないまま聞き流していると、相手も「理解していないな」と感じ取ります。

はじめは罪悪感があるかも知れませんが、分からない時はいちど話を止めて確認をしましょう。話の内容を整理することは、とても大切です。

4)相手を否定しない。

「当たり前だ」と言いたくなる方もいるかも知れません。しかしここを常に念頭に置かず、「話し方そのものにこだわりすぎる」ことが危険なのです。

つい、話が通じないことで、自分の話し下手を何とかしようとしがちです。しかし「相手を否定しない」と常に意識することは相手への敬意にもつながる、大切なことなのです。

就労移行支援事業所で、コミュニケーションを学ぼう

「コミュニケーションを学びたいけれど、学べるところがない・・」
「友達や家族となら普通に話せるけど、仕事になるとなぜか話せない・・」
とお悩みの方はいませんか?

このような悩みは、就労移行支援事業所で解消することができます。就労移行支援では、ビジネス会話など働くためのスキルを学ぶことや、あらゆる業種や働き方の情報を得ることができます。

Saladでは、さまざまな就労移行支援事業所の紹介をしております。あなたの希望に合った事業所を探すお手伝いをさせていただきます。興味がありましたら、ぜひSalad編集部までご連絡ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事において相手との話が通じないと、コンプレックスになります。そのコンプレックスが、さらに間違った方向に行くという悪循環になりやすいです。

あなたや相手が気持ちよく仕事を続けられるように、会話の方法を見直してみましょう。