副業/複業にはテレワークがおすすめ!メリットを紹介

場所や時間にとらわれない、テレワークを副業とする効果とは。

テレワークは、場所や時間にとらわれない

テレワークは、ICT(情報通信技術)を使い、時間や場所にとらわれることなく、利用者が柔軟に働くことができます。

通勤時間や残業時間を削減し、空いた時間を有効に活用することで、
◎家族と過ごす時間を増やす
◎労働環境の改善
◎自己研鑽に利用する
◎さらなる業務の効率化

などが、効果として実現できるかもしれません。

そのため、本業の空き時間に副業として、テレワークを選択する手段があります。
※本記事では、テレワークで新たにサブとして加える働き方を提案する趣旨から「副業」として表現します。

参考:厚生労働省 テレワークではじめる働き方改革

今回は、「副業をしたいけど、どんな仕事をしたらよいか分からない・・」というあなたに、

◎テレワークが、なぜ副業に適しているのか。
◎副業しやすいテレワークには、どんな仕事があるのか。
◎副業としてテレワークを行う際に、注意する点は何か。

の3点についてお伝え致します。

テレワークが副業に適している理由

まず、なぜテレワークが副業に適しているのでしょうか。その理由から見ていきましょう。

働く時間や場所の自由が利きやすい

テレワークは、オフィスに通勤する必要がありません。自宅や移動中に業務を行うことなども可能です。そのため、業務を進める時間や場所も、自由が利きやすいです。

時間を有効に活用し、テレワークは本業の始業前と終業後に分けて行うなど、工夫次第であなたの生活にうまく組み込むことが可能です。

段取りやペース配分を調整しやすい

テレワークは成果を出すための段取りやペース配分を、あなたと企業で相談して決めていくスタイルです。したがってオフィスワークのように、均一した拘束時間はありません。

本業の業務状況に合わせて、テレワークの段取りなどを調整することができます。

家事や育児をしながら仕事ができる

テレワーク導入の目的は、通勤や残業時間を削減して時間を有効利用すること、とお伝えしました。その有効利用の効果として、家事や育児、介護などを行いながら業務ができる点があります。

これまで「働きたいけど通勤できないため、就職できない」とお悩みの方はいませんか?テレワークは、そんなあなたでも働けるチャンスです。

このように、テレワークは多様な現代の生活スタイルにも、柔軟に対応することができます。このようなテレワークですが、副業として適している業種にはどんなものがあるのでしょうか。

次は、副業に適しているテレワークの種類をご紹介します。

副業に適しているテレワークの業種

データ入力や音声の文字起こしなどの、タイピング業務

企業の情報や、書類のスキャンデータの内容などを入力する業務です。中には音声データを受け、文字起こしの業務もあります。

○必要なスキル
タイピングスキル
正確にチェックする力
読み取り・聞き取り能力

内職などの手作業

企業や店舗で扱う商品の包装、製作などを自宅で行う業務です。

○必要なスキル
手先の器用さ・きめ細かさ。
単純作業でも持続できる集中力

ライティング業務

コンテンツライターやWebライターなどが該当します。

○必要なスキル
ライティングの基礎知識
文章能力
クライアントの要望に応える力

コールセンター、メール対応などの業務

在宅で顧客からの問い合わせの電話やメールに応対する業務です。
他の業種と比較して、賃金が高いケースが多いです。

しかし顧客と直接関わる業務のため、ペースが読みづらいです。
したがって、業務量の測り方に工夫が必要になります。

○必要なスキル
コミュニケーション能力
電話やメール応対時のマナー
企業の方針を理解する力

このように、時間を有効に使うスキルと、それぞれの業種に必要なスキルがあれば、副業も可能です。

「テレワークに必要なスキル学びたい!」など、業務にかかわるスキルに関して興味をお持ちの方は、Salad編集部までご相談ください。
あなたの個性を活かすお手伝いをさせていただきます。

このように副業として働けるテレワークには、様々な業種があります。それでは、テレワークで副業を行ううえで、どんなことに気を付ければよいでしょうか。注意点をお伝えします。

テレワークを副業にするときの注意点

本業・副業の業務量を理解して、生活に支障がないようにする。

当然ながら本業がおろそかになるようでは、副業はできません。

注意することとして、
○本業の業務量はどれくらいか。
○副業(テレワーク)の業務量はどれくらいか。
○あなたの許容量がどれくらいか。

この3つを常に的確に理解して、バランスよく行う工夫が必要です。

簡単に説明しますと、「公私混同をなくす」が、副業をすることで「本・副・私混同をなくす」ことを意識することになります。そのため、今まで以上に自己理解が必要になります。

テレワークは成果を求めるため、意識を高める必要がある。

副業として、テレワークは柔軟に対応できる有効な手段です。しかし、本業の片手間に行う感覚で臨んではいけません。

テレワークは本業と比べて、成果物への評価の比重が高いです。成果を挙げるには、企業の方との綿密なコミュニケーションが不可欠です。したがって、本業のやり取りと副業のやり取りを整理することが必要です。

これまで以上に時間管理に注意しないといけない。

テレワークはあなたの生活に組み込みやすく、時間を有効に使うことができます。しかしそれはあくまで、効率的に働き、企業が求める成果を挙げることが条件です。

あくまでも、「時間を有効利用する」ことがテレワークの目的です。成果のために長時間労働などでカバーする必要が出るならば、テレワークはできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

テレワークは副業として、もっとも適した働き方です。しかし、仕事を複数持つことで、より綿密な時間やスケジュール管理が必要になります。

副業でテレワークを行う場合は、あなたの生活スタイルを確認してみましょう。そのうえで本業・副業・私生活のバランスを保てることを条件に、検討してみましょう。