作成日:2018.09.02
事業所名

就労移行支援事業所 TODAY三鷹|東京都三鷹市

“自分らしく、働く。今日からできること、はじめてみませんか。”

サービス

精神障がい、発達障がいを有する方の支援に強みを持っています。

TODAYの強みは、大きく4つです。
◎スタッフの皆さまの、本質的な支援力
◎オシャレで居心地のいい空間
◎就職先や実習先の確保など、就労実績の高さ
◎福祉とビジネス、両面の包括的な支援

スタッフの皆さま本質的なコミュニケーションを大切にされ、就職を目指される方々の成長の機会を創出されています。
たとえば、ある利用者さまが自分の弱みだと感じていたところを、『強み』となる見方を伝えることで、「このままでいい」と自信を持てるよう成長のきっかけを創出されたことについてお話くださいましたが、弱みと認識し改善できるよう働きかけていくことだけではないアプローチ(実は、弱みではなく強みとなる見方がある)に、本質的に人と向き合っているからこそ気づくことのできる人間力を感じました。

右側は全面大きな窓になっており、開放的な空間です。

事業所内は、オシャレなカフェなアットホームさと、ビジネスライクなコワーキングスペースをかけ合わせたような雰囲気です。
また、トイレの綺麗さにびっくりしました!お手洗いの内部は撮影を行っておりませんが、本当にキレイで清潔感のある空間です。特注の設備を導入し、工事されたそうです。

キレイなお手洗い(中も)

女性用お手洗いもキレイ

 

就労実績が豊富で、実習先など企業との連携に力を入れていることも特徴です。
外部の協力機関(職業紹介、企業人事)との協力により、豊富なネットワークを築いています。

就職実績が豊富(三鷹事業所内 掲載)

2018年8月現在、三鷹と吉祥寺に拠点を有しています。
スタッフとの距離感や居心地にこだわりを持ち、近くで気軽に相談できる安心感を大切にされています。また、病院との連携により薬の処方やケアについてなど、専門の医療機関の助言も取り入れて支援をしています。ただ、福祉や医療の側面だけでなく、そこに就職や自立に向けた成長が伴ってこそ、きちんとした支援となると考えているそうです。

福祉としての安心感と、就職に向けた確かな成長の実現、
この両輪を着実にまわしていくことが、TODAYの方針です。

三鷹事業所の入り口にはTODAYのロゴも。カラフルでかっこいい。

カリキュラム

一人ひとりのペースを大切に、個別にカリキュラムやプログラムを構成しています。1日からの通所でもよく、回数を増やすのも減らすのも本人の判断に任せています(助言は行います)。
精神保健福祉士や、キャリア相談員(吉祥寺1人、三鷹2人)もおり、外部講師の方もいますので、気軽に専門家に相談できる環境です。

朝はヨガなど体調や精神面を整えるトレーニングを行い、お昼はお弁当の提供も行っています。
日々のコミュニケーションについては、誰が職員かわからないくらい踏み込んでいくそうです。筆者は、午前中に訪問致しましたが、スタッフの皆さまと利用者さまが他愛もないお話を明るくお話されている姿が印象的でした。

スタッフについて

それぞれの強みを活かしたチームワークが魅力です。

ビジネス研修を専門に行うなどの強みを持つキャリアカウンセラーや、事業牽引などに強みをもつ施設長、福祉の専門職経験を有するスタッフなど、多彩なメンバーが揃っています。

就職活動時、就業後のサポート

働く経験がない方も多く、自己理解とセルフコントロールを鍛えるため、カリキュラムやプログラムでベースが整ったのちには、企業実習や就職活動を実践していきます。
就職活動が新たな発見や、人間性の向上につながりますので、その段階では、企業から厳しい目で見てもらうことも必要です。そこを乗り越えると、自信に繋がっていきます。

傷病コントロールや事業所の出席率を安定させていき、仕事ができる状態へと仕上げていくこと。ここが出来てくると、皆さま平均して半年ほどで就職していくそうです。

また、今後は企業への研修なども実施していきたいそう。
充分な努力を行っても出来ないことや、嫌だと感じること(障がいの再発に繋がってしまうことなど)を行ってしまうことや、合理的配慮の行い方などを企業に伝えていくことも、利用者さまの就職支援と並行して行っていくそうです。

配慮を行わなくてはいけないという負担を強いるのではなく、一人ひとり異なる特性の説明書などを用いながら活かしあいができる関係性作りに力を入れていきます。
企業が悩んでいることをディスカッションできる機会を作ることや、わからないことを知り合う機会を作ることで、法定雇用率を満たすための雇用ではなく、お互いの活かしあいを実現し、わからないことが多く不安が大きくなってしまっている現状を変えていきたいそうです。

就職活動に向け、個別スペースで集中して取り組むできることができるデスクがあります。

独立した面談ルームもあり、安心して相談できる環境です。

事業所の設立経緯

運営会社のAHCグループ株式会社では、介護デイサービスの事業を行っています。

その流れで放課後デイを始めたところ、障がいを有するお子様のご家族から、中学生から高校に育っていったお子様の就職について『御社で働かせてもらえないか』とお話をいただいたことがきっかけで、就職に向け力になれないかと考えるようになったそうです。

それが、就労移行支援事業所TODAYを始めるきっかけとなり、
始めるのであれば、就職実績がなかなか出ていない課題を持つ事業所や、就職実績は出るけれども利用者さまに対するフォローが薄い事業所に出来ない支援を実現するべく、
就職に強く、アットホームさを有した居心地の良い空間(スタッフの質含め)を実現できる事業所にしていく方針とされました。

理念、ビジョン

『自立に向けて』、支援の質と規模で日本一の支援事業所へ成長させていきます。

◎品質(いつまでも利用者さま視点。利用者さまがやりたいことでき、3年後など自立が実現できたのち、親御さんからも感謝される事業所へ)
◎規模(高い品質の支援を、より多くの方に届けたい)

今日から変えていくという意味で、事業所の名前をTODAYとされたそうです。
自分らしく働き、幸せになるため。今日からできることを、はじめていきましょう。

事業所の現状の課題

TODAYだけでなく、就労移行支援という取り組みそのものの認知度を高めていくことです。
法定雇用率の達成における障害者手帳を取得された方の採用要望を企業側から頂いているそうですが、手帳もたない方の就職先も確保していきたいそうです。

就労移行支援事業という取り組み自体が、生きづらさや障害を抱える方にうまく伝わっておらず、TODAYの取り組みをもっと理解いただけるよう発信の機会を増やしていこうと考えています。

また、発達系やメンタルにおける障害を抱える方の仕事そのものを進化させていきます。事務の仕事であってもWebやITの技術を活用し、凸凹における弱みを補完し、強みやできることに集中し取り組むことのできる仕事を確保していきたいとのこと。ただ、その実績が未だ足りていないことが課題と言えるそうです。

メッセージ

とっても綺麗な空間で、居心地の良さを実現するために、
スタッフの魅力、カリキュラムなど環境の整備、空間演出、就職先の充実、など多くの面でこだわりが感じられます。

いい意味で福祉っぽくなく、カフェやオシャレなワークスペースのような雰囲気ですので、気になる方は一度相談に行ってみることをオススメします。

salad編集部 森

法人概要

名称 就労移行支援事業所 TODAY三鷹|東京都三鷹市
サービス種別 就労移行支援
利用時間

10時−15時

対象となる方就労を希望される65歳未満の方
所在地

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-15-38
ビバリーホームズ三鷹1階・2階

アクセス

交通手段JR三鷹駅・南口改札を出て、中央通り沿い徒歩9分
HPhttp://today-support.com/howtouse/
この事業所の運営組織

AHCグループ株式会社

この事業所へのご質問・メッセージ