ヘルプマークの注意点!電車の優先席付近での対応方法とは?

ヘルプマークとは?

(以下、KEIPE甲府のメンバーさんが書いた記事です)

ヘルプマークとは、障害が外見では分からない人々が、周りに配慮を必要ということを知らせることで、援助や支援を得やすくなるように作成された、東京都によるピクトグラム(視覚記号)です。義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害、または妊娠初期の人等、援助や支援を必要なことが、高齢者や怪我をしていて松葉杖をついて歩いている人は見てすぐにわかりますが、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人観光客により分かりやすい案内用図記号とするために、2012年7月にJIS(案内用図記号)が改正され、ヘルプマークも追加されました。

著作権は東京都に帰属し、商標登録されていて、ヘルプマークの趣旨に合致すれば作成・活用することが認められていますが、寸法や比率を含めてガイドラインに従う必要があります。

対象者は、義足や人工関節を使用している人、内部障害や難病の人、妊娠初期の人、精神障害や発達障害、知的障害を持つ人などの援助や配慮を必要としている人です。

入手方法は全国の自治体で配布してますが、配布していない自治体もあるので確認の必要があります。(一部の自治体で郵送をしてます)
一部を除いて配布の手続きをしないで簡単に入手できてしまうため、援助を必要としない人が悪用したり、利益を求めてオークションなどで転売をされているという悲しい事が起きています。

優先席付近で、ヘルプマークを身に付けてる方を見かけた時の対応は?

電車やバスなどでは席を譲りましょう。
外見は健康に見えても、疲労が蓄積しやすかったり、吊り革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが、困難なケースがあるので席を譲るなどの配慮が必要です。
外見からは判別できないため、優先席に着席していると、ヘルプマークの存在を知らない人が不審な眼差しを向けて、ストレスを与えてしまうこともあります。

駅や商業施設などで、声をかけるなどの配慮をお願いします。

交通機関の事故など、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる・歩く・階段の昇降などの動作が困難な方がいるため、積極的に声をかけるなどの配慮をお願いします。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
視覚障害や聴覚障害などのため、状況把握が難しい人、肢体不自由など、自力での迅速な避難が困難な人がいるため、震災や津波などの災害時は安全に避難するための支援をお願いします。

ヘルプマークを使用時の体験談(認知度不足で苦労、、)

ヘルプマークを付け始めてからの約2年間で、どこへ行っても声をかけてもらえず「付ける意味はあるのか」と疑問に思ったこともあったそうですが、それでも「支援しなきゃいけない存在なんて本当はいない」と思われたくないから、2年間ヘルプマークを付け続けてきて初めて気づいてもらって声をかけてもらえて嬉しかったという人がSNSに投稿されました。

声をかけてもらった時には、具体的な援助が必要なシーンではありませんが、その時の状況としては、あまりのうれしさに最初は言葉につまり、その後なんとか“初めて声をかけていただけた”ことと、“今そうしてお声がけいただいたことが、とてもうれしく幸せである”ということを、伝えさせていただいたそうです。

今回のこの件のように本当に外見ではわからない障害などで苦しんでる人はいますので、こういった事で現在は認知度が低いですが少しずつでも知ってもらって援助してくれる人が増えると、ヘルプマークを付けていて援助を求めてる人達は外出しやすくなるので本当に嬉しいはずです。

ただし、電車などでヘルプマークを付けて自分が苦しいから席を譲ってほしいと思っていても、特に認知度が低い現状は自分が外見では援助が必要な人だとわからないということを理解しておくべきであると思います。

なぜかと言いますと、SNS上で難病を抱えている若い女性が、ヘルプマークをつけて電車で席に座っていたら高齢者に「席を譲れ」と強く言われた、という投稿がありましたが、これは認知度が低い上に、外見ではわからないのでこういったことが起きてしまいました。

さらに、周りの人はヘルプマークに気づいてないと普通の人と同じで基本的に援助はいらないと思ってしまうので、様子がおかしいと気づいても援助した方がいいのかわからず動けなかったり、ヘルプマークに意味を知らないと気にも止めないから必要な配慮が遅くなる、もしくはされないからなのです。

なので、配慮が遅いなどの場合は難しいとは思いますが、勇気を出して援助や支援を願い出るのがいいと思います。

まとめ

義足や人工関節を使用している人や、内部障害や難病などの外見では援助が必要かわからない人が、交通機関や商業施設などを利用中や災害時に配慮が必要ということを知らせることで、援助や支援を得やすくなるように作成されたのがヘルプマークです。

その援助や支援を求めてる人は、配慮をしてもらえたら嬉しいはずですので、ヘルプマークを身に付けていたら是非とも積極的に声をかけるなどの配慮をしてあげてください。

現在は認知度が低いので周囲の理解はあまり得られていませんが、ヘルプマークを周りの人に見つけてもらやすい所に身に付けたり、SNSなどのネットを中心にヘルプマークが広まって援助や支援をすることが日常になることを願っています。