発達障害には虚言癖のひとがいる!?嘘つきになる原因、改善法は?

嘘つきと言われやすいひとがいる

特性上、虚言癖につながるケースがある

発達障害は、先天的な脳機能の障害です。 主な種類としてADHD(注意欠如・多動性障害)ASD(自閉症スペクトラム)など、様々な障害があります。

この障害には各々の特性があります。

発達障害を持つ方は、複数の特性が関わることで無意識のうちに
○嘘をついてしまう
○事実を装飾(大げさにするなど)して話してしまう
○事実をなかったことにしてしまう

などをする方がいます。

自分でも自覚していないケースがある

中には自分で「嘘をついている」と自覚していないケースがあります。

他者から指摘されても、自覚していないために「嘘つきだなんて失礼だ!」と不満を持ってしまいます。改善が見られないと、やがて周囲との感覚や意思がすれ違い充分なコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

さて、発達障害を持つ方がなぜこのようなことを招くのでしょうか。原因を解説します。

【発達障害】虚言癖になる原因

事実と自意識のギャップがある

実際に起きている事実と、自覚している「自分像」にギャップがあることが原因になることがあります。

これにより、自分の思うままの意思を話すことが「嘘」と受け取られやすくなります。厳密にいうと、「本来の自分に対して嘘をつき続けている」状態です。

あまりにも状態がひどい場合は「パーソナリティ障害」の可能性もあります。自覚がないのに周囲からよく「嘘つき」と言われるような場合は、下記の関連記事もチェックしてみることをお勧めします。

関連記事:『パーソナリティ障害』とはどんな症状?種類や特徴、治療方法は?

劣等感が強く、自分優位の話し方しかできない

自分の心の奥底で、強い劣等感を持っていると、嘘につながりやすくなります。

「本当の自分を見たくない」「劣等感を意識したくない」ために、普段の会話で優位に立とうとします。他者より優位に立つことで、劣等感を解消させようとします。

相手が萎縮してしまうと、意思の疎通が難しくなってしまいます。

つい事実を装飾して話してしまう

相手に良い反応をしてもらいたいために、つい事実を装飾していませんか?

「これくらい付け足しても問題ないだろう」という装飾が、相手にとっては大きな問題であることもあります。

このような虚言癖に気付かないでいると、知らぬ間に周囲から不満を持たれてしまいます。このような虚言癖に気付き改善する方法はあるのでしょうか。

虚言癖に気付き、「嘘つき」を改善する方法は?

自分の言動を記録する(客観的に見られるようにする)

【継続することで、自意識と事実のギャップを縮めていく】
自分がその日にどんなことを話したか、振り返るようにしましょう。これだけでも効果があります。

この意識をつけることにプラスして、自分の発言を記録しておきましょう。思い出せることをメモするなどをしておくと、発言を客観的に見ることができます。

これにより、自分の意識と事実に差があったとき、気付きやすくなります。

なぜ嘘をつく必要があるのかを見直してみる

【嘘をついて得られたメリットはなんだろう?】
○どうして嘘をつかないといけないのか
○なぜ劣等感を持っているのか
○そもそもどうして自分が劣っているのか
を考えたことがありますか?

劣等感が強い方は、ポジティブに捉えようとするときには根拠を求めます。しかしネガティブなことに関しては、根拠がなくても信じることができてしまいます。

ポジティブに考えることにも、ネガティブに考えることにも、自然と生まれた感情から起きていることがほとんどです。根拠はありません。ですから今あなたが自然と劣等感を持っているのなら、解消するための理由や根拠は不要です。

他者との比較から自分の価値を決めようとすると、足りないぶんを嘘で埋めようとしてしまいがちです。また、理想の自分とのギャップが大きい場合にも同様です。

ですから常に過去の自分との比較をしてみてください。成長を体感できれば、自分の価値を守るために嘘をつく必要がなくなります。

関連記事:認知行動療法とは?セルフケアで発達・精神障害の不安を解消!

職場での上下関係は必要。でも強弱関係は持たない

【指示をする責任はあっても、相手を圧倒することはいけない】
目上の人に対して、敬うことはあってもへりくだり過ぎないこと。

職場などの指示命令系統を明らかにするために、上下関係は必要です。しかし、目上の方には指示をする責任はあっても、指示を押し付けることはいけません。いじめやパワハラになってしまいます。

それは部下や後輩から、上司や先輩に対してのパワハラもあり得るということです。嘘をつき事実と異なる言動を意識することで、相手を傷つける可能性が高いです。

ですからどんな関係性であっても、精神的に優位に立とうとすることは危険です。また目上の方に対して、卑屈になる必要もありません。

相手との会話に「勝ち負け」を求めていませんか?あなたの中では「相手に劣っている分に追いつきたい」かもしれませんが、実際には反対に相手を圧倒していることが多いです。

それは、相手はあなたより優れていると感じていないからです。

もし劣等感に悩むようであれば、こちらの記事「 大人の発達障害を持つ方が、職場で劣等感を持ったときの対処法」もチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

嘘をつくことで一時的に優越感に浸れるかもしれません。しかし、相手にとってのあなたの価値は下がっていきます。そうなれば、さらに嘘で埋めなければなりません。どんどん本来の自分から離れてしまいます。

はじめは勇気のいることかも知れません。少しずつでも、本来のあなたを受け入れてあげましょう。

もし、自分の活かし方が見えない場合はSalad編集部までご相談ください。